プロジェクト概要

 

スタートから3日で94人の方にご支援をいただき、目標金額を達成することができました。ありがとうございます。

小児がんとたたかう子どもたち、家族、先生たちの気持ちを受けとめてくれて、ほんとうにうれしかったです。


だから、ぼくは、もっとがんばることにしました。ゴールの3月31日までまだいっぱい時間があります。ぼくは、「小児がんのことをたくさんの人に知ってもらいたい」と思って、絵本づくりを始めました。だから、クラウドファンディングを使って、もっとたくさんの人に知ってもらうことにしました。500人のひとに絵本を届けたいです!


みなさんの応援のおかげで、小児がんとたたかう子どもたちが笑顔でくらせる未来がくると思います!学校の読み聞かせの時間とか、幼稚園とか、病院の待合室とかで、みんなが読んでくれたらうれしいです。

絵本をたくさんの人に届けられるように、よろしくお願いします!

 

 

 

 "小児がん"だった ぼくが、みんなに伝えたいこと。 

 

 

はじめまして、小学4年生の榮島四郎です。「しろさん」と呼ばれています。

ぼくは、幼稚園のときに小児がんの脳腫瘍になりました。今は治って学校に行けていますが、つかれやすいので、みんなのように動くことはできません。でも、元気です。

 

小児がんだったぼくが伝えたいこと。それは、小児がんっていう病気があるということ。病気の治療をがんばっている子たちがいるんだよっていうこと。
 

日本中の人に小児がんを知ってもらうために、大人の人に協力してもらって、絵本を出すことになりました。『しろさんのレモネードやさん』この絵本を、多くの人の手にとってもらって、小児がんを知ってもらう、きっかけをつくりたいんです!

 


 

 

 ぼくは3歳のとき、"小児がん" だった。 

 

 

幼稚園で吐いちゃって、「ねむいねむい」「あたまいたい」とくり変えして病院に行ったんだって。小児がんが見つかって、3年間、治療をがんばりました。

 

はじめは、小さかったから、どんな病気かわからなかったけれど、大きくなってから、お母さんが病気のことを教えてくれました。

 


ぼくのまわりには、治らない小児がんの子がいます。

ぼくも、いつ何が起こるかわかりません。

 

ぼくは治療で成長ホルモンが出なくなってしまったので、毎日、自分で注射をうっています。注射はつらいです。

 

でも、もっとつらい思いをして、病気とたたかっている子がたくさんいることを、ぼくは知っています。

 

だから、ぼくは、みんなが小児がんとたたかっていることを知ってもらいたい!

みんなが明るく元気に過ごせるようにならないとだめだ!治らないとだめだ!

 

 


  だから、レモネードスタンドを始めたんだ。 

 

 

小児がん支援のレモネードスタンドを最初にはじめたのは、アメリカのアレックスちゃんという女の子です。ぼくは、2016年のクリスマスに、家の近くで、小児がんの友達を応援するために「レモネードスタンド」を開きました。

 

日本でも小児がんのことを知ってくれる人がふえますように……そんな思いでレモネードスタンドを始めたら、どんどん仲間がふえました。小児がんという病気のことを知らなかった人もいます。でも今では、一緒に活動してくれています。

 


たくさんの人が手伝ってくれたので、1年で8回も、レモネードスタンドを開くことができました。でも、来てくれるお客さんは、近所の人がほとんどです。

 

日本中の人に小児がんのことを知ってもらうためには、どうしたらいいかな~?


  そうだ! 
 小児がんのことがわかる、かわいい絵本をつくろう! 

 

 

でも、ぼくはまだ小学生だし、1人で絵本をつくることはできません。だから「小児がんのことを伝える絵本を作りたい」と作文教室の先生に相談しました。先生は、ぼくの考えたレモンちゃんが登場するお話を作ってくれました。

 

絵を描いてくれる人を探したら、お友だちのママが描いてくれると言ってくれました。お話を読んでアドバイスをくれる人もできました。
 

主治医の先生、いっしょに病気とたたかった友達、その家族も、協力してくれることになりました。レモネードスタンドがきっかけで、出版社も見つかりました。

 


こうして、昨年の6月に「しろさんのレモネードやさん」制作委員会ができました。委員長はぼくです。 



  絵本『しろさんのレモネード屋さん』について 

 


ストーリーは完成して、3月末までに絵を仕上げます。

4月には印刷会社に入稿して、6月に、いよいよ出版です!


たくさんの人に「小児がん」という病気のことを
ちょっとだけ知ってもらう、そんな絵本をつくっています。

 

ぼくは、絵本の中に出てくる「レモンちゃん」というキャラクターを考えました。レモネードスタンドを開くときは、レモンちゃんの絵を描いてちらしを作ります。

 

絵本では、ぼくのレモンちゃんを、絵本作家の矢原さんがかわいいキャラクターに変身させてくれました。絵本のおはなしをつくるのは、先生にお願いしたけれど、絵本のなかで、ぼくも気持ちを伝えています。

 


▶絵本概要 
 

■書名『しろさんのレモネードやさん』

■企画『しろさんのレモネードやさん』制作委員会

■発起人 榮島四郎

■著者 松﨑雅美・文 / 矢原由布子・絵 

■発案 レモンちゃん・榮島四郎(小学4年生)

     レモネードゆうえんち・川口蒼(小学4年生)

■発行 吉備人出版(岡山県岡山市)  

■仕様 B5版 上製本  

◼発行予定日 2018年6月12日
 

しろさんの闘病仲間やその家族、しろさんの通っている作文教室のお友達など、みんなで考え作成中です。闘病のようすを伝えるページでは、しろさんがママと書いた原稿をそのまま使っています。


◼絵本に関わる著作権(文・絵)はすべて放棄し、売り上げは小児がん支援のために使う予定です。小児病棟、学校や団体、公共施設への絵本の寄付、小児がんの研究団体への寄付、制作委員会運営費にあてさせていただきます。

 

絵本に登場する、「しろさん」と「レモンちゃん」

 

これまで、小児がんを題材にした本は何冊も出版されてきました。闘病の様子などが丁寧 に描かれ、治療の様子や当事者である患児や親の気持ちなどは、読み手の心を震わせるものでした。でも、真実であるだけに内容が「辛く」、手に取ることをためらう人もいました。

 

だから、しろさんは、たくさんの人に「小児がん」という病気があることをまずは知ってもらおうと考えたのです。誰でも気軽に手に取れる「楽しい」絵本を作ろうと考えたわけです。その素直な思いが、私たち大人を動かしました。


『しろさんのレモネードやさん』は、「小児がんという病気があるんだよ」ということを やんわりと伝える絵本です。しろさんの願いを受けてできたこのお話には、詳しい闘病の様子などはあまりでてきません。絵本の中 の「しろさん」も、どうやったら「小児がん」という病気のことをたくさんの人に知ってもらえるかを考えて作戦会議をしています。

(「しろさんのレモネードやさん」制作委員会より)

 


  絵本をたのしく読んで 
 小児がんについて日本中で知ってもらいたい! 

 

 

小児がんという名前は知っているのに、どういう病気なのか知らない人がたくさんいます。

「小児がんっていう病気は治ってもつかれやすいんだね」
絵本を読んで知ってくれたら、それがきっかけになって、いい方にいろんなことが進んでいくと思います。

 

小児がんで闘病中の子どもたちのためにできることが、まだまだいっぱいあります。

ぼくは、この本の売り上げで、小児がんの薬を研究してもらって小児がんで命を落とす子をゼロにしたいんだ!


だから、みんなに読んでほしいです。応援おねがいします!

 

 

 

支援金の使途内訳


今回のプロジェクトでは、みなさまからいただいたご支援を、出版社から絵本を購入する際の費用に充てさせていただきます。

絵本は3000部出版されます。そのうち1000部は、吉備人出版が流通させてくれます。全国の書店や図書館に納品してくれることになっています。

残り2000部は、全国にお届けするために制作委員会が買い取ります。

 

ご支援をたくさんいただき、余剰となった資金は、小児がんの研究をしている機関や、現在闘病中の子どもたちの支援のために寄付をさせていただきます。

 

しろさんの願いを叶えるためにも、みなさまのご支援をぜひお願いいたします。

ラフ画が出来上がってきています

 

 

しろさんに協力している大人たち

 

 

◼松﨑雅美

横浜市在住(愛知出身) 3人の子(23歳、20歳、11歳)の母

小説家・作文教室主宰

◼矢原由布子

横浜市在住(京都出身)3歳の女の子の育児中

イラストレーター・絵本作家・消しゴムはんこ作家

◼澤村豊
しろさんの主治医
さわむら脳神経ク リニック院長
アメリカ脳神経外科学会国際準員
第 24 回日本脳腫瘍学会長

◼柳澤 隆昭

東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座

東京慈恵会医科大学  脳神経外科
◼三ツ橋裕美子

製作委員会総務・作文教室講師
◼湯浅(栄島)佳子

制作委員会アドバイザー・鍼灸師・しろさんのママ

◼栄島英剛

制作委員会アドバイザー・鍼灸師・しろさんのパパ

◼熊川さくら(患児母)

◼小松恵(患児母)

◼吉備人出版 山川隆之(岡山県)

◼451ブックス 根木慶太郎(岡山県)

 

 

応援してくれた方へのお礼について

 

*どのリターンにも、しろさんの手書きのお礼状(ポストカード)を添えさせていただきます。

 

* 絵本『しろさんのレモネードやさん』 

今回のプロジェクトで紹介している絵本をお届けします。この絵本を読んで、少しでも小児がんのことを知ってもらう、考えるきっかけになれば。そう思っています。

 
* 絵本に登場するキャラクターのレモンちゃんカップ 
絵本に登場するレモンちゃんをモチーフにしたカップです。ミニサイズで、お子さまの小さな手にぴったり。ゼリー用のカップとしてもお使いいただけます。美濃焼の銅板転写で、ふだん使いにぴったりです。

 

 Readyforでご支援くださった方限定の額装済の原画レプリカ 

ここでしか手に入らない、額装済の原画レプリカを3種類の絵をご用意しています。
矢原由布子さんの描く絵はとてもあたたかい雰囲気の水彩画なので、並べて飾るととても癒されます。

 

どの原画が喜んでもらえるか、検討中です!

 

 


最新の新着情報