みなさんこんにちは。AMDA-MINDSホンジュラス事務所の陰山亮子です。
クラウドファンディングへの挑戦も、残り10日ほどとなりました。目標達成まで、まだまだ皆様のご支援が必要です。どうぞよろしくお願いします!

 

残りの期間も、できるだけ多くの現地の方々をご紹介したいと思います。今回はジェシカです。これまでたくさんの男の子を紹介してきましたが、コミュニティグループの女の子も個性豊かで、地域活動の中ではなくてはならない存在です。

 

子どもの日のイベントで子どもたちの顔にペインティングを施すジェシカ(中央)

 

両耳で7個のピアス。いつもきちっと三つ編み、しかも毎回違う編み方。いつも元気で明るく、会うたびに遠くから駆け寄ってきて、力強いハグ。でも、時々、とってもテンションが低く、センチメンタルな日もある16歳。心のスイッチがオンの時はものすごくいい動きをしてくれるのですが、スイッチがオフの日は全く機能しないジェシカ。そんなところは日本の高校生もホンジュラスの高校生も一緒かもしれませんね。

 

グループのミーティングでメモを取るジェシカ(左奥)

 

リーダーシップの強い彼女は、はきはきと意見を述べ、それでいて、周りの人に気を遣うのが上手です。集合時間にはたいてい一番に集合し、どんな役でもかってでてくれます。

 

絵を描くのが好きで、気づくと私のノートに彼女の描いた絵が、、、ということがよくあります。先日も、会合の前、いつもの通り集合時間ぴったりに現れ、他のメンバーの到着を待っていると、私のメモ帳を「見せて」と言って手に取り、気づいた時にはメッセージ付きの絵が。

 

ジェシカの手紙

 

彼女の気の向くままに書かれたメッセージがこちら。

 

『2018年5月10日
ジェシカ・ニコル・アルバラド・リベラ

みんな大好きだよ、リョウコ  >v<
前へ進もう、阻むものなどない、前へ進もう。
能力は隠すためにあるんじゃない、見せるためにあるんだよ。』

 

ちょっとした彼らの日々の言葉に、実は私が元気づけられ、励まされていることが多々あるのです。

 

新着情報一覧へ