開会!! ~夜の運動会~

みなさんこんにちは。AMDA-MINDSホンジュラス事務所の陰山亮子です。
今日は2番目の開催となった運動会の様子をお伝えします。

 

9月10日(土)、アト・デ・エンメディオ地区にて運動会が開催されました。
ここは、以前ご紹介したジッピーが住む地区です。
ジッピーはもちろん、運動会実行委員会のメンバーとして活動に取り組んでいます。

 

いざ、始めるよ~。運動会実行委員のメンバーたち

 

この地区では青少年リーダーである高校生の発案で、高校の夜間部の生徒たちと運動会を開催することになりました。

 

夜間部に通う生徒の多くは、日中仕事をしています。年齢も10代から40代まで様々です。中には若くして子どもを持ったため勉強を続けることができなくなり、出産後に夜間部に復学した生徒もいます。このような生徒たちは、日中は生活のために仕事をして夜間は学校に通うため、我が子と過ごす時間がほとんどないことが多くあります。

 

在校生のお父さんと運動会に参加した女の子

 

アト・デ・エンメディオ地区の運動会は、このような夜間部の生徒とその子どもたちに、親子が触れ合う時間を持ってもらおうという目的で、ホンジュラスの「こどもの日」(9月11日)に合わせて開催されました。

 

初めてのハチマキをつけてもらう子どもたち

 

行われた競技は、ボーリングピン倒し、大縄跳び、輪投げ、フリーキック競争(やはりサッカーは外せない!)など。チームで競うようにしたり、学校の先生にも参加してもらったりして、約50人が楽しい時間を過ごしました。

 

大縄跳びにチャレンジ。練習はバッチリ?!


普段、なかなか世間から注目してもらえない夜間学校に通う生徒など、地域住民の中でも、このような地域イベントに普段は参加することが難しい人々を対象とした運動会を開催したことは、学校側からも大変喜ばれました。

 

みどりチームの皆さん

 

アト・デ・エンメディオ地区では「また運動会をやりたい!」との声が上がっており、早くも2回目を計画しているところです。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています