READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

絶滅と消費の問題解決に向け若手研究者を条約会議に参加させたい

鈴木希理恵

鈴木希理恵

絶滅と消費の問題解決に向け若手研究者を条約会議に参加させたい

支援総額

157,000

目標金額 560,000円

支援者
15人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2016年03月03日 14:01

リターンに込められた思い エコバック

 ご支援いただいた方にお届けするリターンは、このプロジェクトに込めた思いが詰まっています。

 

 このエコバックのリターンをご購入いただくと、
コンゴ民主共和国(旧ザイール)でゴリラと人間との共生を目指して活動している団体で活動している団体、ポレポレ基金への支援になります。

エコバッグ

 ポレポレ基金は国立公園で働いていた地元民が1992年に作った組織です。ゴリラツアーを企画したり、お土産品を製作するアートセンターをつくったりしてきました。その後ルワンダからの難民の流入や内戦がありましたが、学校の再建や、薪のために森の木を伐らないよう苗木を配るなどくらしの再建を通じてゴリラの密猟防止に取り組んでいます。

 この活動を日本から支援しているのがポレポレ基金日本支部で、代表はゴリラの研究で有名な京都大学総長の山極壽一氏です。

 

 エコバックの絵を描いたのは、ビチブ・ムフンブーカさん。カフジ・ビエガ国立公園でゴリラツアーのガイドや、研究補助員として長年活躍し、2005年にお亡くなりになったそうです。
 絵はコンゴの市場のようすです。村人のカラフルな服、パイプを口にする謎のおじさん、そして物売りや家畜の声が聞こえてきそうです。

 

 このリターンを購入していただくと一部がポレポレ基金の収益になり、ゴリラの住む森の近くにある村の学校や苗木センターの運営に使われます。

ゴリラと共に暮らす村の子どもたちと、絶滅と消費の問題に取り組む日本の若手研究者と両方の笑顔とためにご支援をお願いします。

一覧に戻る

リターン

3,000

7e186450d5c76b185bde3c2c563356d01b99a196

未来への希望コース

●サンクスカード(参加決定者からのメッセージ)
●会議参加報告会ペアでご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

10,000

1dd5af1a09d977b1f6b508689ca982e643d4236b

熱帯林の虹コース

●サンクスカード(参加決定者からのメッセージ)
●会議参加報告会ペアでご招待
●ご支援いただいた方のご芳名を会場に掲示
●世界の野生動物の状況や保全の取り組みを伝える会報『JWCS通信』1冊
●アフリカ人アーティストの絵をプリントしたエコバック(ゴリラの保護団体・ポレポレ基金への支援にもなります)
●感謝状

支援者
9人
在庫数
20
発送予定
2016年6月

30,000

28196e65639bb3578d994a04002bfa0ef34692a1

サバンナの夢コース

●サンクスカード(参加決定者からのメッセージ)
●会議参加報告会ペアでご招待
●ご支援いただいた方のご芳名を会場に掲示
●世界の野生動物の状況や保全の取り組みを伝える会報『JWCS通信』1冊
●アフリカ人アーティストの絵をプリントしたエコバック(ゴリラの保護団体・ポレポレ基金への支援にもなります)
●写真集『アフリカⅠ・Ⅱ』を出版した当会会員・森村俊介氏提供のアフリカの野生動物の写真(A4サイズ)。お好みの額に入れてお楽しみください。※これはWeb掲載用画像です。
●感謝状

支援者
1人
在庫数
7
発送予定
2016年6月

100,000

283e2dbaedb9bbbef5a27ddb0c9c200ccfe7819f

思索の森コース

●サンクスカード(参加決定者からのメッセージ)
●会議参加報告会ペアでご招待
●ご支援いただいた方のご芳名を会場に掲示。
●世界の野生動物の状況や保全の取り組みを伝える会報『JWCS通信』1冊
●アフリカ人アーティストの絵をプリントしたエコバック(ゴリラの保護団体・ポレポレ基金への支援にもなります)
●写真集『アフリカⅠ・Ⅱ』を出版した当会会員・森村俊介氏提供のアフリカの野生動物の写真(A4サイズ)。お好みの額に入れてお楽しみください。
●当会が編集した『野生生物保全事典―野生生物保全の基礎理論と項目』緑風出版
●感謝状

支援者
0人
在庫数
2
発送予定
2016年6月

プロジェクトの相談をする