粉塵には様々な大きさがあります。空気と共に吸引された粉塵は、その粒子の大きさによって呼吸器の各部位に沈着します。一般的に粉塵の粒径が小さい程、肺胞(吸った空気を取り入れて二酸化炭素を排出するところ)に到達してじん肺を引き起こします。肺胞までは到達していなくても、アレルギーを起こすこともあります。肺胞に達するような粉塵は通常のマスクでは防ぎきれません。防塵マスクは小さな粉塵でも防ぐことが出来ます。災害だけではなく、ビルの解体現場等のお近くにお住まいの方は防塵マスクを着用して新たな健康被害から自身の健康を守りましょう。

新着情報一覧へ