READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

九州沿岸で、漂着したイルカ・クジラの調査を続けたい!

塩﨑 彬

塩﨑 彬

九州沿岸で、漂着したイルカ・クジラの調査を続けたい!

支援総額

399,000

目標金額 300,000円

支援者
33人
募集終了日
2016年7月29日
33人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2016年07月23日 00:41

ストランディングの通報をいただきました。

昨日22日、天草市の方からイルカが漂着しているとの連絡をいただき、対応に行ってまいりました。

イルカは既に死亡しており、腐敗もかなり進んでいましたが、体型や歯の形からスナメリという種であると確認できました。

写真を載せるべきか判断に迷いましたが、ストランディングの様子をご想像いただけるよう、遠景の写真だけ載せさせていただきます。

中央にあるのがスナメリ(約150cm)。
頭を左、腹をこちらに向けた体勢で横になっています。

現場は人家が近くにない、国道沿いの海岸だったのですが、堤防の上からでも腐敗臭がする状況でした。散歩中の地元の方が、何か臭いがするから覗いてみれば発見したそうです。

このような状態でも、DNAや骨格などから多くの生物学的情報が引き出せます。下の写真は、当研究室の学生が以前作成したスナメリの全身骨格です。

水産学部に展示されているスナメリ全身骨格。

当研究室には漂着・混獲されたスナメリの全身骨格が200体以上保管されています。スナメリ全身骨格の標本数としては日本、いや世界でも指折りではないかと思います。

今回の個体は一旦冷凍し、後日、複数の研究機関と合同で調査解剖します。不幸にも死んでしまったスナメリから、できるだけ多くの情報を引き出し、彼らの暮らしぶりや彼らが置かれている状況について研究していきたいと思います。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

サンクスレター

サンクスレター

①研究室からお礼のメッセージ
本プロジェクトのロゴマークとしてスナメリの頭骨をモチーフにしたお礼のハガキをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

5,000

調査結果を速報でお届け

調査結果を速報でお届け

①研究室からお礼のメッセージ
②ストランディング調査の速報
ストランディング調査を行った際に、その内容や現場所見をメール速報でお届けします。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年1月

10,000

調査結果の速報と鯨の髭

調査結果の速報と鯨の髭

①研究室からお礼のメッセージ
②ストランディング調査の速報
③ザトウクジラの髭板1枚
魔除けのお守りとされる鯨の髭1枚(約20cm)をお送りします。

支援者
17人
在庫数
3
発送予定
2016年8月

30,000

調査結果の速報と2016年度の調査報告書

調査結果の速報と2016年度の調査報告書

①研究室からお礼のメッセージ
②ストランディング調査の速報
④2016年度 長崎大学ストランディング調査報告書
長崎大学が2016年度に実施するストランディング調査について、調査結果をまとめた報告書冊子をお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年1月

プロジェクトの相談をする