いつも応援ありがとうございます。
本日20時現在、支援者は83名、支援金額は1,208,000円となりました!

達成率17%です。一歩一歩、着実に前へ進んでいます。

みなさまからの暖かい応援メッセージに、大きな力が湧いてきます。

本当に本当にありがとうございます!

みなさまと手をとり合って、ゴールを目指し突き進みたいと思います。

引き続き情報拡散へのご協力もお願いいたします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さて、5回続けてお届けしてきた「保育園のクラスの様子」。

本日は最終回、「おひさま組(0歳児)」のみんなたちです。

 

 

朝市センター保育園で一番小さな0歳児クラス、「おひさま組」。

只今8ヶ月から1歳5ヶ月までの子どもたちが、すくすくのびのび過ごしています。

 

朝市センター保育園の特徴でもある、クラスの仕切りがゆるい環境ゆえ、大きな子から隣の1歳児クラスまで、入れかわり立ちかりおひさま組の部屋に出入りして、みんなでめんこめんこ(かわいいかわいい)してくれます。

 

「うわー、ちぎりパン9こあるー」と太もものぷくぷくをなでて触ってうっとりする「そらのこ組」の女の子たち。

私たちの保育園で「ちぎりパン」と言えば最高のホメ言葉なのです。

 

そして散歩に出かけても「あいやー、めんこいことー!(あらー、かわいいことー!)」と必ず道行くおばちゃん達に声をかけられるおひさまさん。

月齢の高い子たちは、バイバイを返すことができるようになり、声をかけられるたびに選挙カーばりにはりきってバイバイを繰り返しています。

 

街中のトラックやバスにも「あっだだだだばばばー!!」と興奮の指差しが止まりません。

 

「♪きんきんきれいなあきのそらー とおくのとおくをよびましょうー♪」

と保育士が歌う歌には、「お”――――」「あ”―――」とタイミングよく応答することもできる、歌大好きなおひさまさんたちです。

 

散歩も日々の生活も、発達を見据えて、ひとりひとりの月齢に応じた関わりを半年間積み重ねてきました。

今、急激にものごとがつながり始め、発信する力が輝き始めたおひさまさんたち。

大きな子どもたちから保育士まで、みんなが発する「かわいい!!」という言葉は、外側の見た目の姿を表すだけでなく、前に向かってまっすぐ生きる、真剣さへの敬意なのです。

 

新着情報一覧へ