READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!

支援総額

199,000

目標金額 800,000円

支援者
16人
募集終了日
2015年3月31日
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2015年03月27日 21:54

生まれてはじめての理科の実験。Gypsyとレッツトライ!

みなさんお世話になっております。

CBBの鹿島です。

 

今日は、Web上で理科の実験映像や算数の教材を無料で提供しているGypsy(ジプシー)さんにお越しいただき、特別授業として理科の実験を行いました!

 



まず始めに、水素を発生させる化学実験から。
水酸化ナトリウムににアルミニウムを入れて…

 

生徒たちが何が起きるかワクワクしながら見守ります。

 

 

そして、生徒の1人がマッチの火を試験管に近づけたら「ポン!」と音を立てて水素が発生!

教室は驚きと喜びの声で大賑わいでした。

 

 

コチラは電気の回路を知る実験。
セオリーは学校で習っていても実際に試してみるのは初めて。

バッテリーの数だけでなく繋ぎ方によって変わる電気の明るさにびっくりしていました。

 



他の生徒たちが「理解はできてるけど、みんなの前で説明はできない」ともじもじしている中、ソムナンが先生らしくクメール語で解説してくれました。

 

 

 

最後は小学生クラスで磁石を使って。

N極とN極、S極とS極が反発しあうことに大盛り上がり!

 

Gypsyさん自作の実験ビデオでもう一度セオリーを確認して子どもたちの学びをしっかりと落とし込み、授業は終了しました。

農村の学校には基本的に実験設備はなく、授業で学んではいてもそれを実際に確かめたことのある生徒はほとんどいません。

 

実験道具を出しただけで目を輝かせていた生徒たち。

日本では当たり前のように実験道具を先生が用意してくれて、工夫の凝らされた授業が理科では行われていますが、そんな余裕はないカンボジア。
これからも、Gypsyさんの動画を使って「セオリーだけの理科」から子どもたちが少しずつ脱せるようにしていきたいと思います!

 

今回の実験で先日のskype授業に引き続き、子どもたちの学ぶ意欲や視野を広げることができました。

 

Gypsyさんありがとうございました^^

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・現地からサンクスレター(電子版)
・プロジェクト報告書(電子版)

支援者
11人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3000円に加え、
・CBBの支援地やCBBスクールの子どもたちの様子を写したフォトブック(電子版)

支援者
6人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10000円に加え、
・子どもたちに映像授業を行う権利
(日本の学校の小学生と、カンボジアの小学生をskypeで繋げて映像授業、など)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

alt

30000円に加え、
カンボジアを訪れた際に、塾の訪問・授業ボランティア・CBB支援地である農村でホームステイ体験コーディネート

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

alt

50000円に加え、
・CBBスクールの教室とホームページにお名前の記載

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする