ご支援いただいている皆様へ 製品の完成が延び延びになり、製品を心待ちにしている皆様にはご迷惑をおかけしております。先日、日本獣医師会学術学会年次大会への出展のため金沢に行って監修をお願いしている先生に前回の修正点を改善した試作品を見てもらいました。その結果、後は臨床試験で試してみるしかないという評価をいただきました。これで前回より確実に一歩前進した形となりました。 その後、製作現場にいただいた評価をフィードバックして、来月初め頃には臨床試験で使える形に仕上げることで話がまとまりました。微調整の段階ですが、微調整といっても例えばバネの強さ1つを変えるにしても、部材を仕入れなさなければならないのですが、その入荷に1,2ヶ月かかってしまうこともあります。資金のない中でやっているので、その分時間がかかっていますが、着実に前進しているので、温かい目で見守っていただければ幸いです。 進展がありましたら随時ご報告させていただきますのでよろしくお願いします。


新着情報一覧へ