韓国人女子大生が日本各地でフリーハグ!日韓友好の架け橋に。

みなさん、こんばんわ!

 

突然ですが、こちらの写真をご覧ください。

 

2011年夏、韓国のソウル。

はじめて、フリーハグをする前日の写真です。

両隣にいるのが、韓国人のショーンとマキです。

彼らとはオーストラリアで出会いました。

彼らは丁度、デザインの学校に通っていたので、フリーハグボード作成を手伝ってくれました。

 

 

 

そして、こちらの写真。

 

2015年夏、日本の京都にて。

真ん中のチマチョゴリを着た女の子は、韓国人のスヨンです。

左にいるのはスヨンの友だち、ミンスンです。

右にいるのは…アジャシ(おやじ)です。

 

 

4年前にソウルの路上で始めたフリーハグ活動が、めぐりにめぐって、今年、韓国の子が日本でフリーハグをするまでになりました。

 

ぼくのFacebookにメッセージが届き、開いてみると静岡大学に通う韓国人留学生のスヨンからでした。

「動画を見てとても感動しました。わたしも日本で同じことをやってみたい。ぜひ、アドバイスをください」というので、うれしくなって撮影させてもらいました。

 

京都の人々はフリーハグボードを掲げるチマチョゴリを着た韓国人に、どう反応したのか。

その様子は、近々アップロードする予定である「韓国人が日本でフリーハグをしてみた」という動画でぜひご確認ください。

 

 

そんな彼女が今回クラウドファンディングに挑戦します。

 

プロジェクト名は「韓国人女子大生が日本各地でフリーハグ!日韓友好の架け橋に。」

来年の2月に日本各地でフリーハグをするための資金を集めています。

北海道、横浜、東京、名古屋、大阪、福岡などで予定しているそうです。

 

11月2日には3年半ぶりに日韓首脳会談が行われます。

「これからの日韓関係はどうなっていくのか?」よりも「ぼくらがどうにかしていく」という主体的な気持ちで、アクションをおこしていくことが大事なのではないかなと思います。

民間が動けば、もっともっとぼくらは近づけるはずです。

 

みなさん、ぜひ、彼女のプロジェクトにご協力をお願い致します!

ぼくも最大限サポートさせていただきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

『韓国人女子大生が日本各地でフリーハグ!日韓友好の架け橋に。』

プロジェクトページはこちらです。

https://readyfor.jp/projects/SuyeonChallenge

 

桑原功一

Facebook https://www.facebook.com/freehugs4peace/

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています