プロジェクト概要

スーパーの環境を大切にした商品の取り扱い状況や環境の取り組みを調べる「全国一斉グリーンコンシューマー調査」を行います!

 

はじめまして。

京都を中心に活動している環境市民というNGOの代表をしている杦本育生(すぎもといくお)と申します。子どもたち、さらにその子どもたちが心豊かな社会で暮らせるよう、「持続可能で豊かな社会・生活の実現」をビジョンに活動をしています。

 

今回、全国各地(できれば47都道府県)で、スーパー、コンビニ等流通小売店での環境・健康に配慮した商品・サービスの取り扱い、店舗での環境活動について調べる「全国一斉グリーンコンシューマー調査」を実施します。お店に了解を得て調査を実施し、結果はウェブサイト等で広く社会にPRします。また、調査に協力してくれたスーパー等にも結果を伝え、今後の取り組み向上に役立てていただきます。さらに報告会を開催し、調査結果について広く社会にPRすることによって、スーパーの環境の取り組みを前進させようと思っています。

 

プロジェクトを実行するための調査、報告パンフレット作成に合計60万円が不足しております。ご支援、よろしくお願いたします。

 

 

地球を大切にするために行う活動「グリーンコンシューマー活動」を全国へ展開させていきたい

 

自治体間に切磋琢磨をもたらす「日本の環境首都コンテスト」の実施や、消費者からライフスタイルや企業活動を変えていくグリーンコンシューマー活動の全国展開、経済のグリーン化の阻害要因となるグリーンウォッシュを防止する仕組みづくり、環境活動や環境教育のリーダー養成、学習プログラムの開発、市民メディアを通じた環境情報の発信など多様な活動を展開しています。私たちの生命を支えてくれている地球、美しい山、海、川、多様な生き物たちを大切にするために、誰もが毎日できる、しかも企業をも変えていくことができる行動、それがグリーンコンシューマー活動です。この活動をもっと多くの人々に広め、力強いものにしていきたいと願っています。大量生産、大量消費、大量廃棄に依存した私たちの暮らしは、気候変動や生物多様性の破壊などさまざまな環境問題を引き起こし、地球に生きる生命体にとって地球は危機的な状況にあります。この問題を解決するには、私たちのライフスタイルを変え、それをつくりだす経済・社会のあり方を変えることは必要不可欠です。3.11後、その流れは加速しつつあり、「リオ+20」においても「経済のグリーン化」「持続可能な消費」が主要課題となっています。

 

(写真:2013年度に行なったスーパーでの調査風景。石けんはみがきがあるかどうかを調べているところです)

 

今回のプロジェクトは「フェアトレードのコーヒーがあるかどうか」「再生紙のトイレットペーパーがあるかどうか」「無添加のハムやソーセージがあるかどうか」など消費者の関心が高い商品・サービスや環境の取り組みの中から5つ程度に調査項目を絞って調査票をつくり、各地の環境NPOや消費者団体、大学の環境サークルに呼びかけて実施します。

 

(写真:スウェーデンの生協にて。環境や社会的公正に配慮した製品であふれており、一生懸命探さなくてもエコロジカルな商品に出会うことができます)

 

グリーンコンシューマー活動は、買い物の際に、より環境に配慮した商品・サービスを選ぶことで消費者自らのライフスタイルを変える効果的な行動

 

それとともに商品の選択によってスーパー等小売店、さらにはメーカーに影響を与える活動であり、経済をグリーン化することができる活動です。毎日のように誰もができる活動でありながら、企業や社会、経済に影響を与えることができ、また暮らしや社会を本質的にエコロジカルなものに変えていく力を持っています。 90年代初頭から、環境市民は日本で初めてグリーンコンシューマー活動に取り組み、活動を全国に普及・展開しました。全国100地域以上で地域版「買い物ガイド」がつくられ、自治体もこの活動をサポートするようになりました。その結果、各地でグリーンコンシューマー活動に取り組むNGO・NPOが生まれ、スーパーやコンビニ等での環境への取り組みが以前に比べて進み、エコ商店街も各地に出現するなどの社会的影響を創り出すことができました。また、グリーン購入ネットワークの結成やグリーン購入法の制定にもつながりました。

 

(写真:1999年に発行したグリーンコンシューマーガイド。当時京都にあったスーパー約200店舗を調査しています)

 

残念ながら市民によるグリーンコンシューマー活動は、ここ10年程度、大きな進展をみせることができず、消費者行動が経済活動に大きな影響を与えるには至っていません。


そこで、このグリーンコンシューマー活動をさらに広げネットワーク化するために、多くの人が取り組めるキャンペーンとして「グリーンコンシューマー全国一斉店舗調査」を行うことにしました。調査の結果を広く社会に伝えることによって、スーパー、コンビニ等、さらにはメーカーの環境の取り組みに影響を与え、私たちから、誰もがエコロジカルなライフスタイルを選択できる社会をつくりたいと思っています。しかし残念ながら、調査のためには多くの人手がかかりますがその資金がありません。そこでぜひみなさんに応援をお願いしたいのです。調査を通して、グリーンコンシューマー活動を担う個人・団体のネットワーク化をはかり、もっと大きな社会的影響力を発揮できるグリーンコンシューマー活動の基盤もつくりたいと考えています。買い物は毎日できる投票行動です。一人の消費者の力は小さくても、力を合わせれば大きな力になります。

 

ぜひ、みなさんからの力をもとに、一人ひとりから生活と経済をグリーン化していく大きなうねりをつくっていきたいと思いますので応援をよろしくお願いします。

 


最新の新着情報