先日、ドイツに留学中の学生がプロジェクトに使う絵本を3冊購入してくれた、
という記事を掲載しましたが、その内2冊については既に日本語に翻訳されていたようです。


絵本に詳しい方々が教えてくださいました。
ありがとうございました。


すぐに学生に連絡し、現在未翻訳の絵本を探してもらっています。

こちらのチェックが甘く、申し訳ありませんでした。


ただ、ありがたいことに、今回のことを受けて未翻訳かどうかの事前チェックを引き受けてくれるという善意の声があります。私たちだけでは、翻訳されているかどうかの判断は難しいと感じていたので、とても助かります。

 

実は、絵本の調達に取り組んでくれている学生は、慣れないドイツの地で地域の人にいい本がないか聞いて回った結果、数十冊の絵本をすすめてもらったようです。
そして、彼が確認した時点でほとんどが翻訳されていたとのことで、私はそれを聞いて、本当にいい本を選んでくれていたんだと感じました。


改めて、今回のプロジェクトは多くの人に支えられていると実感しています。
未翻訳で、いい本を選ぶのは大変かもしれませんが、引き続き彼には絵本選びを頑張ってもらいたいと思います。

 

 

新着情報一覧へ