プロジェクト概要

みなさまの応援、本当にありがとうございます!

 

お陰様で目標達成まで、あと少し、あと少しです。

この挑戦を実現させるために、03月13日(月)23:00まで、私はご支援を募集しています。

このチャレンジはAll or Nothingという仕組みを取っており、

募集期間内に目標金額に到達しなかった場合には、失敗、全額返金となります。

 

1人で辛いママを支えたい。皆で支え合えるあったかい場所を、これからも。

どうか、あと少し皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

代表:下拂奈月

 

 

毎日子育てに忙しいママを、地域のみんなで支えあいたい。
ママを支えるワークショップを継続し、ママを無料で招待したいです。


こんにちは。下拂奈月(しもはらいなつき)です。私は幼稚園教諭として8年勤務し、ママは忙しく、そんなママを支えてあげることが重要だということを感じました。私自身2児の母親ですが、「少しのあいだ子どもを預けたられたり、お母さんの悩みを聞いてあげられる場所」ってあまりないですよね。この問題を少しでも解決したいと思い、親子でくつろげるカフェ、こびとのすみかを立ち上げました。

 

その後、ママが遊びに来てくださいましたが、カフェでできることには限界がありました。「こどもは遊べて、ママはくつろげる」ためには、どんなことができるだろうか。考えた末に、忙しいママを地域の皆で支えるワークショップを開催し始めました。

 

よりたくさんのママに、こうした場所や活動があると知ってもらいたい、もっと気楽に参加してもらうために無料開催はできないだろうか、と思いました。

 

ワークショップの無料開催に向け、みなさまのご支援をお願いいたします。

 

脱孤育て!育児もみんなで支えあえたら、はっぴーじゃないですか?

 

 

お母さん、こんな内容に心当たりはありませんか?


☑母子手帳や育児書の通りじゃないわが子
☑育児休暇が1年、早く預け先見つけなきゃ
☑オムツ→授乳→寝かしつけのループで外出はもちろん自分の事もできない
☑やりたいことができない=我慢と諦め

☑家が片付かないと旦那が不機嫌
☑子育てはママ任せ
☑預け先が幼稚園や保育園しかない(実家が遠い)

☑こどもと何して遊ぼう

 

家事に育児、地域の行事など、とにかくママは忙しい。


これらを解消したり、和らげるには…
『大丈夫だよ』
『それでいいよ』という、共感をしてあげられる受け皿が必要だと思っています。

 

こどもたちは、安心感や信頼関係が整った遊び場があれば、ひとりでも遊べる力を持っています。ママにもこどもにも、安心感、信頼関係が整った環境を提供し、楽しく学べる場、くつろげる場として、このワークショップを開催しはじめました。

 

お母さんだって人間です。たまには息抜きできないと疲れちゃいますよね。

 

 

ママを支えるはぴやなひろば、ともいくえん
2つのワークショップでママを支えています!

 

①はぴやなひろば

(地元商店街柳ケ瀬での親子参加体験型縁日マルシェ 毎月第2土曜日) 

・気軽にこれる遊び場の提供

・子連れで商売を体験

・地元柳ケ瀬商店街にて素材や製法にこだわったパンや野菜、開発商品の委託販売

 

6人の主要メンバーが在籍しており、自由参加でイベントの際は20人近くのスタッフがいます。ここで私は主に食事と子育て支援分野を担当しています。

 

ワークショップ中はボランティアさんやスタッフが、お子さんを見守ってくれるので安心して参加できます。

 

もちろん子どもたちも楽しんでいます。

 

 

②ともいくえん

(親子参加型ワークショップにて様々なイベントを開催 毎週月・火・土曜日)

・cafeこびとのすみかにてランチ or ドリンク付きの学びの会。

(さらしでだっこやおんぶを習う。おやつ作り。ぬらし絵。クリスマス会など。)

・季節を味わいながら親子で楽しい子育て=ともいくを体験。

 

季節に応じたイベントをしています。こちらはクリスマス会の写真です。

 

 

ワークショップに参加されたママからの声​

 

Aさん

ともいくの会に参加して、たっちゃんと一緒ににじみ絵をしたり、5月にはちまき作りもしました。 なちさんの優しい歌声ではじまる会。箸置きがかわいい折り紙のこいのぼり。
おみやげにかわいいリボンで作られたこいのぼりのバッチ。

 お味噌汁講座にも参加した時も。なちさんのやわらかい声にも癒され、たっちゃんとお友達と一緒にたべた美味しいおみそ汁、ランチ。

 

  ♡♡しあわせの記憶です♡♡

他にも続々と届いています

 

 

孤育てママを一人でも多く救いたい。
もっと多くのママの力になりたい。​

 

ママを一人ぼっちにしない。こども達を地域の方々を始め、みんなで暖かく可愛がることが当たり前にしていきたいです。ママが生き生きできる場所をこれからも提供していきいたい。「こどもの育つ力を信じる、見守り育ちあえる社会になるといいな」と思っています。

 

どうしても、イベント開催をすると参加費が生じてきてしまいます。日時は合うけど、参加費がかかる=キャンセルしにくいな…経済的に厳しいな…行く価値とかを考えてしまうものです。こんな迷いを少しでも減らし、孤育てママを一人でも多く救いたい。もっと多くのママ達の力になりたい。

 

みなさまのご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<<資金使途>>

❏半年間のワークショップの開催費、お母さんの参加費用にあてさせていただきます。

 

 

ママに、贈りものにぴったりなリターンをご用意しました

 

こびとのすみかのランチ「和食ごはん」の2ヶ月フリーパス券をお送りします!

 一食1000円のランチが、なんと2ヶ月分フリーパスで食べられます!!

 ママはもちろん、お友達へのプレゼントや奥さんへのプレゼントにもオススメです

 

・ぬらし絵を使った絵手紙 

・はぴやな、ともいくえんのイベントのお知らせチラシ

・お名前をホームページ、イベント配布チラシ、イベント会場にて掲載

・各イベントまたは、こびとのすみかで利用できるドリンクチケット

・こどもたちと一緒に作った味噌だま(手作りインスタント味噌汁)

・赤ちゃんから食べられる植物性素材の2段ケーキ!

・cafeこびとのすみか特製米粉クッキーをお送りします!

・手作り人形のちいさな人形劇おはなし会出張開催

 


最新の新着情報