ハルイチバン

長かった梅雨が明け沿線にもいよいよ夏がやってきました。日差しの強さは日に日に増し、陰影を深めた木々の間に蝉の声が響きます。

 

石神なの花畑の田んぼに、稲の花が咲き始めた7月下旬、今年のハルイチバンの搾油が全て完了しました。絞りたての菜種油の香りは、例えるなら、草むらに顔をうずめたような、青々とした水々しい香りです。香りが強く、油本来の自然な香りが体に染み込みます。

 

 

今年のヨムハルイチバンです。菜種油ハルイチバンとセットにして発送します。菜種油ができるまでの背景も一緒に味わって欲しいからです。

 

 

種まきから食卓まで、石神なの花畑の1年の記録です。今年は満開の菜の花畑を撮ることはできませんでしたが、その代わりに花畑の背景に焦点を当てることができました。

 

石神なの花畑では、これから種まきの準備が始まります。刈っては伸びる草々と戦い、9月の種まきに備えます。

 

今年は新しい種を買うことができるほか、堆肥や石灰を入れることができます。土作りをしっかりと行い来春に備えます。

来春、私たちはここに新しい風景を作ります。満開の菜の花畑を復活させます。

 

風景は自分たちで作ることができる、私たちと一緒に新しい風景を作っていきませんか。

 

 

*ご賛同くださった皆様ありがとうございました。本日リターンの菜種油ハルイチバンとヨムハルイチバンを発送いたしました。絞りたての菜種油の香りと、その背景をお楽しみください。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています