プロジェクト概要

九州、仙台で筆文字の講師を育成する講座を奥田芳仙が各地に出向いて開講します。

 

はじめまして。書道家の奥田芳仙と申します。小学1年生から習い始めた書道が大好きで、OLを経験して結婚、出産してから、東京で書道教室を始めました。今回、奥田芳仙が、5月に九州、6月に仙台に出向いて、Tシャツなどに、筆文字の書き方指導法の、東京オリンピック筆文字講師育成講座を行います。2020年の東京オリンピック時に、海外、国内からの観光客に、Tシャツ等にお客様に筆で字を書いていただき、それを日本のお土産として持ち帰っていただくことを企画しております。東京オリンピック時に数か所でその筆文字の書き方の指導をしていただき、日本人としてのおもてなしのできる講師となっていただく方への育成講座を行いたいと思います。しかしながら、九州、仙台への交通費と会場費が不足しております。

 

東京オリンピックを、東京の方だけでなく、九州地方、東北地方の方々にも、一緒に盛り上げていきましょう!2020年までに、もっと多くの全国各地に広まればうれしいです。ご協力、お願い致します!

 

                      (言霊呼吸書道教室の様子)

 

外国の方に書き方を教える指導員になりませんか?

 

私が子供のころは、ほとんどの子供が書道を習っていましたが、中学に入ると、部活が忙しくて辞めてしまう子供がほとんどでした。書道は好きなのに辞めて、大人になってからまた書道をやりたくても、きっかけがなくて、書道復帰をすることができない大人のなんと多いこと!そんな書道が好きなのに、書道復帰のきっかけがない、全国の方々に、東京オリンピックで観光客に、筆文字でTシャツに書きお土産にしてもらう、指導員を私奥田芳仙が育成したいと思ったのが、きっかけです。。夢は、九州、仙台だけでなく、全国に奥田芳仙が出向して、お伝えできればなあ。と思っております。

 

(奥田芳仙直筆「夢さちあり」2014カレンダー)

 

外国の方に書道でおもてなしが出来る人を増やしたい

 

海外では、漢字で書かれたTシャツが流行っています。東京オリンピックで海外、国内からの観光客に、自分でTシャツに上手に漢字等を書いてもらい、それを日本のお土産にしてもらえれば、喜んでもらえるし、また、書道が好きだという氣持ちがあるのに、書道復帰のきっかけがない、全国の方々に、東京オリンピックをきっかけに、私の持っているノウハウを学んでいただき、まずは、各地で講座を開けるようになっていただき、2020年には、上京して東京オリンピック時にスタッフとして、おもてなしをしていただくことで、喜んでもらえると思っております。

 

東京オリンピックに向けて、自分も何かに関わりたい!と臨んでいる方は多いと思います。ただ、何をしたらよいかわからない方も多い。そんな方にも、一緒に関わっていただきたいと思っております。このパソコン時代に、筆で文字を書いて海外の方々がその自分で書いたTシャツを着て喜んだり、和の心を思い出す日本人が、たくさん生まれると思うと、ワクワクします。

 

(子供向書道教室の様子)

 

最後に、私、奥田芳仙について

 

開室してから10年が経過して、最近では、言霊呼吸書道や創作書道も楽しんでおります。最近は、小学生から大人の他に、幼稚園児にも、書道を楽しんでもらってます。筆を持って、字を書く楽しさを、幼稚園児は、目の前でどんどん魅せてくれます。子供のころ、書道を習っていたり、字書くことが好きな方達に、また、筆で字を書いて楽しんでもらいたい!子供達にも、ずっと楽しんでもらえる書道を伝えていくのがモットーです。日本語を使うお仕事に就いてから正しい言葉、良い言葉を発すること、深い呼吸をすることの大切さも学びました。 

 

特に代表されるいろは呼吸書法などの、言霊呼吸書道を現在は研究しております。そちらは、腹式呼吸をしながら、言葉を声にだし、言葉の力を手を通して、筆を使い、文字を書く事を実践しながら、それだけで、すっきりして身体の調子まで良くなることを、多くの方にお伝えしていきたいと思っております。

 

どうぞ、よろしくお願い致します!