今夜23時まで、応援ご支援よろしくお願いします!

このプロジェクトには、Rradyforのキュレーターの田中さんが初めから関わってずっと一緒にがんばってくださいました。キュレーターさんはほとんど前に出ることなく隠れた存在です。今回の新着情報はクラウドチームから田中さんへのラブレターです。クラウドチームがそのお人柄やアドバイスにどれだけ助けられていたか...お察しください(笑)。

*******************

拝啓 Readyforキュレーター田中さま 

 

お疲れ様です。

初めてキュレーターの田中さんにお会いしたのは10月の下旬でしたよね。

それまでも何度かお電話でやり取りがありましたので、素敵な方だとは分かっていながらも、こんな業界トップのReadyforさんのキュレーターさんなんて、どんな方がいらっしゃるのかしらとドキドキしていました。

 

あの日は、穫ったばかりのサツマイモを蒸かして、スイートポテトを作っていたんです。お手伝いのお母さん、先生、他にも読み聞かせのお母さんたちもいて・・・座る余地もないところにお越しいただきましたね。

 

そして、打ち合わせの小さなテーブルはスイートポテトでびっしり(笑)。

時間になってもテーブルの上を片付けている私たちを、さりげなくお手伝いしてくれたキュレーターの田中さん。一緒に味見しましたね。

 

その後、園長先生と30分ほど話しただけで、いなりもり保育園のことを理解してくれたので、同席した委員たちはビックリでした。

私たちは、すぐに田中さんのファンになってしまいました。

 

初めてお会いしてから約5か月。電話でお話しするようになってからは半年間以上のお付き合いになりましたね。

 

毎週毎週、無理難題は言う。メカ音痴。SNSの知識は皆無という私たちに、呆れることなく、いつもいつも丁寧に接してくださいました。

 

Facebookほとんど誰も登録していない。ツイッター誰も全くわからない。辛うじてメールならできる。2500人の卒園生がいるけど、連絡可能な手段は・・・お手紙だけという、ガラパゴス化したいなりもり保育園でした。

これほどアナログな実行者(団体)も珍しかったと思います。ご苦労かけました。

 

田中さんの様々なアイディアと機転のおかげで、無事に目標を達成し、プロジェクトをあきらめることなく遂行することができました。

本当にありがとうございました。

 

何度も言ったことですが、目標金額を達成したことも勿論嬉しかったけれど、それよりも様々な方々にいなりもり保育園を知っていただき、卒園生や懐かしい方々、そして、いなりもりを全くご存じなかった方々と繋がれたことが最高の喜び!それはReadyforさん、否、キュレーターの田中さんがいなくてはできませんでした。

 

昭和な私たちをここまで導いてくれて感謝しています。

新しい園舎も見に来てくださいね。

 

私たち、田中さんを娘のように、いなりもりの卒園生のように思ってます。これからも、どうぞよろしく。

 

忙しいでしょうけれど、身体に気を付けて、ご飯もしっかり食べて、睡眠時間はたっぷりとって、これからも多くのプロジェクトを成功させてくださいね。

 

                                 

            実行委員会クラウドチームより 代表茂木浩子

 

新着情報一覧へ