最終目標達成の興奮がまだまだ冷めやりません。本当に、心の底から感動しました。この一か月と少し、クラウドファンディングに挑戦できたことは私にとって本当に素晴らしい体験・経験となりました。事前調査の段階で、クラウドファンディングは単純に支援を集めるだけではないとある方にも言われましたが、それが身に染みてわかりました。

 

自分のしてきた活動の整理、より分かりやすい伝え方、そしてより多くの人に活動を知ってもらう事、私の場合は、ここ数年つながっていなかった友人とまた繋がりを持つ事ができたり、新しい友人もできました。本当にやってよかったなと思います。

 

ところで、結果的には西田ジム建設支援クラウドファンディングは絵にかいたような大成功に終わり(余計な出費が出ていること以外!)、本当に幸せだなと思っているんですが、実はクラウドファンディングが中盤に差し掛かった頃から、少し心に引っかかっていたものがありました。

 

 

ジャマイカ側の結束・後押しが見られない

 

 

感じがしていたんです。日本の結束が強すぎて、ジャマイカが努力してないように見え始めたというか・・・。当然、ジャマイカの人の方が経済面でゆとりのある人が少ないですから、同じようにやったとしてもこんなに資金が集まるなんてことは絶対ありませんし、私自身そこまで押していたわけではなかったので当然とといえば当然でした。

 

が、そう思っていた矢先、数名の保護者から「体育館建設にファンドを募ってるって聞いたけど、何かできる事あったらいってね」というお話をいただきました。じゃあ、イベントやりましょう!という事で、保護者の皆様と一緒に「Fun-Fundraising Gymnastics Day」というイベントを開催しました!

 

撮影・編集には、映像を専門とされている協力隊員星嶋君のご協力をいただきました

 

このイベントでの基本の寄付は「子供一人に付き1,000円」。金銭的にはそんなに大きな支援にはなりませんが、動画にありますように、月謝を払うのもきつそうな親子が来てくれたり、当日来れない方でも事前に寄付をしてくれたり、ビジネスオーナーをしている保護者の方は、宣伝の代わりという事で多めの支援を入れてくれたりと、ジャマイカの人たちのサポート、気持ちが見ることができ、引っかかっていた物もとれ、嬉しく思っています!

 

イベントが終わった後も、「もう一回するなら呼んでね」「次はこうしたらどう?」などの声掛けもしていただき、こちらも本当にやってよかったなと思います。こちらのイベントでいただいた資金は、余分にかかっている建設費用と、教室の引っ越しに掛かる費用などにも当てさせてもらおうと考えています。

 

プロジェクト終了まで、残りあと3日となりました。最後まで皆さん暖かく見守っていただければと思います!

新着情報一覧へ