プロジェクト概要

 
子ども用・5本指ソックスで身体の健康を根本から支えたい!

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。柔道整復師、鍼灸師、トレーナーとして人の身体、特に足を中心に研究、治療、トレーニングをしている、橋本賢太です。

 

なかでも、育成年代のスポーツチームに関わっているのですが、子ども達の怪我の原因として、扁平足や外反母趾などの「足の形状」が多く関わっていることがわかりました。「足の形状」が原因の怪我は、対処療法では根本的な解決にならず、足の正しい使い方や正しい形状を支える「5本指ソックス」に目をつけました。

 

骨が柔軟な成長期の子どものうちに、正しい足の形状や正しい筋肉の使い方を身につける手助けをし、将来の健康まで支えることができる「子ども用5本指ソックス」を、たくさんの方に知っていただき、たくさんの子ども達に使っていただくため、プロジェクトのスタートを決意しました!是非ご支援、応援よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 
子ども用・5本指ソックスのここがすごい!

 

どこでも「はだし教育」が可能に!

大人にも多い腰痛膝痛などの原因と言われる「バランス感覚」の欠如を改善するため、指や足裏の神経をたくさん使う「はだし教育」が大事だと言われています。5本指ソックスを履けば、外の運動などでも「はだし教育」に近い効果が期待できます!

 

地面の感覚を高める「滑り止め」!

足裏には「メカノレセプター」という、地面の感覚を受容するポイントがあり、それが高い感覚を受容できれば、バランス感覚がより養われると言われます。今回の5本指ソックスには、この「メカノレセプター」に、ピンポイントで滑り止めを付け、より地面の感覚を感じやすい作りにしました!

 

転倒防止、姿勢改善、怪我予防!

5本指ソックスを使うことで、正しい足の使い方をすることができ、スムーズな歩行や自然な体幹筋力の強化が望めます。さらには、正しい姿勢を保てることで、腰痛などの慢性的な怪我予防にも繋がります!

 

希少な「子ども用」!

足の形状に合わせた形の靴下を履くのは、21㎝以降のサイズになってからと言われています。今回、大人用5本指ソックスの機能をそのままに、あまり流通していない15cm〜21cmの子ども用5本指ソックスを開発しました!

 

◼️ソックス詳細

・サイズ:フリーサイズ(15cm〜21cm)

・カラー:ホワイト×ピンク、ホワイト×ブルー

・丈:くるぶし丈

・素材:綿

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 
子ども用・5本指ソックスのこだわり

 

今回、子ども用5本指ソックスを開発する上で、さまざまな障壁がありました。

 

その中でも、最も苦労し、かつ、最もこだわったのが、5本指ソックスの効果に最も影響する「子どもの指の長さにフィットするサイズ」のソックスを作ることでした。

 

足の形状は様々で、子供の場合足の指に長さが合わないと、靴の中で靴下がたわんでしまい転倒や浮指の原因になりかねません。

 

しっかりとフィットすることで足のつかむ、開くなどといった感覚の成長を助けることができます。

 

日本人の子ども達の足指にフィットする絶妙なサイズ調整が必要で、少しでもフィット感が無ければ、地面の感覚をうまくつかめず、5本指ソックスの効果が激減してしまいます。逆に、フィットすればはだしに近く、安全に外でもはだし教育が可能になります。

 

このサイズ調整の難しさを痛感し、子ども用5本指ソックスがあまり広まっていない理由を実感しつつ、これを完成させることで、多くの方の身体の健康に貢献できる!という気持ちで、ついに開発に成功しました!

 

また、ただ作るだけではなく、安心してご使用していただくために、日本の技術を使用し制作します。

 

 
子どもたちの世代から「足の教育」を当たり前に!

 

現状、足の形状による健康への興味関心は、まだまだ低いと感じます。

 

子どもの発達学において、子どもの足は、大体3歳頃〜15歳までに顕著に成長します。そのため、親のサポートが、子どもの将来の健康まで守れる重要なカギになると考えています。


今回のプロジェクトをきっかけに、子ども達が当たり前に5本指ソックスを履くなど、健康な身体のために子どものうちから足の形状を気にする「足の教育」が当たり前な社会を作っていければと思っています。

 

リターンには、なぜこの5本指ソックスをはくことが大切なのかを伝える特別冊子『子どもの足の成長』も同封し、より足の健康の理解を深め、興味を持つ方が増えればと思っております。

 

皆さまの暖かい応援を、よろしくお願いいたします。

 

 

最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)