プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました
外国にルーツをもつ子どもの日本語学習や小学校英語に役立つ
『日本の童話』日英対訳絵本を制作し、無償で贈ります!

 

はじめまして!NPO法人地球ことば村・世界言語博物館運営委員の柴田賢、新井明男、佐野彩と申します。私たちは「ことば」に関心があり、世界や日本のさまざまな言語や方言をテーマに、ことばや文化に触れるイベントを開催したり、ウェブ上で情報を発信しています。

 

地球ことば村では、外国にルーツをもつ子どもたちの母語と日本語の学習、童話を通した日本文化の学習と理解、さらに母国と日本の架け橋となるような人材の育成の助けとなることをめざして、バイリンガル絵本『日本の童話』制作プロジェクトを立ち上げました。すでに刊行されたポルトガル語・日本語版に続いて、英語・日本語版の制作をめざしています。※上の子どもたちの写真はイメージです。

 

そこで絵本と朗読DVDの制作費、完成した絵本と朗読DVDを子どもたちに届ける送料を含め70万円が必要です(詳細は下記記載)。どうぞ皆様のご協力をお願いいたします!

 

活動のようす
地球ことば村の活動:目黒区の国際交流フェスティバルでの“世界のことばクイズ”

 

まずはポルトガル語・日本語版バイリンガル絵本を
制作しました

 

日本国内には外国人が集住している地域がいくつかあります。その一つが群馬県の太田市・大泉町で、ブラジル人が多く暮らしています。2011年に地球ことば村の活動でこの地域を訪れ、子どもたちが通うポルトガル語の保持教室を見学したことがバイリンガル絵本の制作プロジェクトを立ち上げたきっかけです。

 

日本で生活するためには多くの場合、日本語が必須ですが、母語も大切です。母語ができなければ、日本語が十分にできない家族や親戚などとのコミュケーションが難しくなります。一家が母国に帰国する可能性もあります。そして、自らのルーツ、アイデンティティという面からも母語ができることはとても大切なことです。

 

大泉町のブラジル系スーパー

 

そこで私たちは、子どもたちのポルトガル語の保持に役立つように、また同時に子どもたちが日本語・日本文化への理解を深められるように、そして将来的には二つの文化をつなぐ存在になってもらいたいという願いから、ポルトガル語と日本語のバイリンガル絵本『日本の童話』を2013年度に制作しました。そして国内のブラジル人学校等に広く無償で配布し、有志の学生の協力によって読み聞かせ活動も行いました。さらに、海を越えてブラジルの日系コミュニティにも贈られ、活用されているとのことです。

 

ブラジル人学校での読み聞かせのようす
ブラジル人学校での読み聞かせのようす

 

ポルトガル語・日本語版では次のような感想をいただきました

 

ポルトガル語・日本語版では、ブラジル人児童が在籍する学校などから大きな反響が得られました。

 

★ 7つのストーリーそれぞれに素敵な絵が入って、とても読み応えのある絵本をお譲りいただき、誠にありがとうございます。

★ 物語のセレクションの巾がひろく、幅広い年齢の子ども達が楽しく読んでいる姿が目に浮かびます。

★ 日本の公立学校では日本語以外の言語を「思考を巡らす言語として」指導するのはきわめて難しい状況です。が、このような対訳童話集があれば、その一助となることは明確です。

★ 子どもたちが日本の童話に触れて、日本語にも関心を持ち学習意欲の向上に少しでも結びついてくれたら、と思っております。

 

ポルトガル語・日本語版『日本の童話』絵本と朗読DVD

 

外国にルーツをもつ子どもの日本語学習や小学校英語の副教材として、
日本のすぐれた童話の日・英対訳絵本を制作し、無償で贈ります!

 

ポルトガル語版の反響を受けて私たちは、同じ内容のバイリンガル絵本を他の言語でも制作したいと考え、今年度、2作目として英語版を作ることにしました。ぜひ、ポルトガル語版に続いて、英語・日本語版『日本の童話』を制作し、複数のことばや文化の中に生きる子どもたちのより良い学びと成長に役立てたいと思っています。

 

具体的には、「おむすびコロリン」や「ごんぎつね」、「注文の多い料理店」などのよく知られた日本の童話7編を収録した、英語と日本語のバイリンガル絵本『日本の童話』(朗読DVD付)を制作し、インターナショナルスクールや日本語教室などに無償で配布します。制作の主体はNPO法人地球ことば村・世界言語博物館で、留学生やネイティブの協力を得ながら、翻訳作業や絵本・DVDの制作をすすめ、2016年末の完成をめざしています。

 

「日本の童話」
表紙のイメージ
 
  • A4判・カラー・80頁
  • 挿し絵入り・フリガナ付き

収録作品:

「あめ玉」「おむすびコロリン」「背丈くらべ」

「ごんぎつね」「クモの糸」「マカフシギ物語」

「注文の多い料理店」

※右図:表紙のイメージ
(先に出版されたポルトガル語・日本語版の表紙です)

 

本文のサンプル
英語・日本語版 本文のイメージ

 

★「おむすびころりん/Rolling Rice Balls」のサンプル(全文)↓

  http://www.chikyukotobamura.org/welcome/sample.pdf

  (PDF, 746KB)

 

地球ことば村の活動:小学校での出張授業—「きらきらぼし」の英語と日本語の歌詞を比較

 

二つの言語に親しみ、さらには二つの文化をつなぐ存在
子どもたちの日本語・英語学習に役立てる「バイリンガル絵本」として

 

制作する絵本とDVDは無償で配布し、インターナショナルスクールや日本語教室に通う子どもたちの日本語学習に役立てることができます。挿し絵を眺め、物語をわくわく楽しみながら、日本語や日本の文化に親しめます。バイリンガル絵本なので、イギリス、アメリカからの児童など英語を母語とする子どもたち、また、フィリピンやアフリカの一部の国など教育で英語が使われている地域からの子どもたちの場合には、英語の助けを借りることもできます。英語は世界でも広く使われている言語であり、英語でも出版することによって、より多くの人が日本の童話に親しめる一助になると考えています。

 

そのほかにも、海外で暮らす日本の児童・生徒の日本語や日本文化の学習、帰国児童・生徒の日本語補習や主に英語圏からの帰国児童・生徒の英語力の保持、さらには日本の小学校での英語学習の副教材など、さまざまに活用できる可能性のある絵本です。

 

ご支援いただいた方にお届けします
必要な資金使途

 

絵本と朗読DVDの制作費、完成した絵本と朗読DVDを子どもたちに届ける送料が必要です。

  • 童話の翻訳にかかる謝礼および絵本の印刷費(1000冊)
  • 童話の朗読にかかる謝礼およびDVD製作費(1000枚)
  • インターナショナルスクールや日本語教室、海外の日本人学校等への送料(計300校程度を予定)

 

ご支援いただいた方にお届けします
リターンはこちらです!

 

◎ サンクスレター
◎ スペシャルサンクスとして絵本に氏名を掲載

◎ 完成した絵本
◎ 完成した絵本(朗読DVD付き)

◎ 『世界のあいさつ集』

◎ 『日本の童話』ポルトガル語・日本語版(朗読DVD付)

 

 


最新の新着情報