クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

地域活性化の鍵はこどもたち!商店街でリアルな職業体験を!

町田 佳路

町田 佳路

地域活性化の鍵はこどもたち!商店街でリアルな職業体験を!
支援総額
207,000

目標 200,000円

支援者
22人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年05月12日 21:41

続けるということ

今日で開始から13日目となりました、
毎日この新着情報を更新したいなと考えており、
今日で1/5が過ぎました。
 

こうして毎日書き続けることで、
意外に気づいていなかった点が出てきたりします。
 

それが続けることの大切さなのかなと思っています。
 

この「リトルアキナイ」という活動もまだ1度しかやっておりません。
今やりたいことも多々有りますが、
続けることで見えてくるものもたくさんあると思っています。
 

僕の大好きなG戦場ヘブンズドアというマンガの中で、
漫画家の才能って何?と先輩に聞く主人公に対して、
下記のようなやりとりが展開されます。

----下記引用--

主人公「漫画家に必要なものって、何スか? 
 才能じゃなかったら、何なんスか?
 本物との差を決定的に分ける一線って、いったい何なんですか!?」
 

先輩「人格だよ。」
 

先輩「私が言った「人格」って、
優れた人柄や品性とかの意味じゃないよ。
どんなに才能があっても色んな事情でそれを続けられない人は大勢いる。
でも運がいいのか悪いのか、町蔵君はマンガをやめなかった。
――いや、やめられなかった。
選んだというよりはそう生きるしかなかった。
それこそが「人格」だよ。町蔵君はこれでしか生きられないんでしょ?」

----下記引用--

というセリフが展開されます。
(参照:「G戦場ヘブンズドア」
作者: 日本橋ヨヲコ
出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2003/03)
 

続けること、それは色々なものが左右すると考えています、
でも僕らは続けることに主眼を置いています。
 

1年で大きな花火を売って、散るのも確かにカッコいい。
 

だけど、僕らは続けて、参加した子どもたちがどう育っていくのか、
それに影響を受けたオトナたちがどう変わっていくのか、
強いては未来がどうなっているのか、それを見たいと思っています。
 

あとは引用にもある通り、
無理してるわけではないんですよね、
続けることのある先にあるものが見たい。
ただそれだけです。
 

そして、続けることで出来るだけ多くの子どもたち、
まちの人たちに関わって欲しい、ただそれだけです。
 

こんな写真がまちにいっぱい溢れたら、
それだけで素敵なことだし、それが続いていったら、
それだけで素敵なことだと考えています。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■「リトルアキナイ銀行券」の裏側にメッセージを頂きます。そのメッセージが子どもたちの誰かに届きます。支援者さまの名前入りです。
■お礼のお手紙を大森コレカラカイギよりお届けいたします。
■支援者さま用のメーリングリスト登録と定期的な進捗状況のアップデートを行います。

支援者
9人
在庫数
21

5,000円(税込)

3,000円に加えて
■WEBサイトに支援者様のお名前を記載させて頂きます。

支援者
6人
在庫数
24

10,000円(税込)

5,000円に加えて
■夏より制作予定のイベントオリジナルムービーの最後に支援者様のお名前を記載させて頂きます。

支援者
10人
在庫数
15

100,000円(税込)

10,000円に加えて
「リトルアキナイ」イベントをあなたのやって欲しいまちで実現するためのパッケージを提供いたします。ノウハウも全て提供します。

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする