津波でお墓や本堂が流された江岸寺そばの電柱に「この付近のまちづくり計画盛土(目安)の高さはこの線までです」との表示を見つけました。

 

 

町によると、江岸寺やJR大槌駅を含む元中心街「町方」地域の一部約30ヘクタールは「都市再生区画整理事業区域」とされ、盛り土厚は「2メートル程度」。個人住宅の居住開始までには、今から少なくとも3年はかかると見積もられています。

 

復旧復興への長く険しい道のりを見つめ続ける地域メディアを目指したいとあらためて思いました。

新着情報一覧へ