みなさま、こんにちは!

『平和の架け橋 in 東北 2015』プロジェクトへのイスラエル・パレスチナの参加者

8名が決まりました。今回は、イスラエルのノアとペレグをご紹介します。

 

Noa(ノア)【自己紹介】

 

こんにちは!私はノア、19歳です。ガリラヤ湖の近くにあるイスラエル北部の小さな村の出身です。


私には、イスラエル軍に勤務している兄、高校生の弟、そして、かわいい12歳の妹がいます。両親はトラクターの空調機器を製造する会社を経営する傍ら、家族でワイナリーも経営しています。

 

 

私は音楽が好きで、ピアノやギターを弾きます。読書も好きです。卓球は7年間、選手兼コーチとしての経験があります。自然も大好きで、家族や友達とハイキングに行きます。


昨年高校を卒業し、来年1月には兵役に就くので、これまでの9ヶ月間、エルサレムにあるプレミリタリー・リーダーシップ・プログラム(兵役に就く前に参加するリーダー育成プログラム)で、40人の仲間たちと共同生活を送りながら一緒に勉強したり、近隣でのボランティア活動をしてきました。

 

【日本の参加者へ】

日本の皆さんにお会いできるのが待ち遠しくて仕方がありません!皆で力を合わせて何かを成し遂げ、貴重な体験を経て、素敵な思い出を作りたいと思っています。

皆がより良い未来を願えば、お互いの違いは些細なことで、きっと乗り越えられると信じています。

 

 

 

Peleg(ペレグ)【自己紹介】

 

僕はペレグ、24歳です。テルアビブに隣接するホロンという街に母、姉と一緒に暮らしています。現在、小学生と一緒にエコロジカル・ガーデンで働いています。

 

まもなくエコロジック・サイエンス(生態学)を専攻する予定です。僕がこの分野を選んだのは、環境をとても大事だと考えていて、また、その分野で働くことは多角的で、興味深いと思ったからです。

 

僕の趣味はサーフィン、アウトドア旅行やハイキングです。つい最近、6ヶ月のアジアの旅から帰ってきたところです。

 

僕は好奇心旺盛な性格で、新しいことを学んだり、新しい人と出会うことに常に意欲的です。自分でフレンドリーな性格だと思っていて、必要なときには、相手にアドバイスすることもできます。

 

 

【日本の参加者へ】

Konichiwa!(こんにちは!)

僕はこれまでに2回、イスラエルと日本での『平和の架け橋』プロジェクトに参加したことがあります。どちらにおいても多くのことを学び、とても楽しい経験でした。ですから、今回のプロジェクトも僕たち皆にとって、すばらしい経験になると確信しています。

 

気持ちを通じ合わせ、お互いの文化に心を開こうとすれば、このプロジェクト中も、また、これからもずっと、よき友であり続けられると思います。

これこそが、このプロジェクトの成功の鍵!

もうすぐ皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 

新着情報一覧へ