☆昨年度読み聞かせの様子☆

日本は、インフルエンザが大流行とのことですが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

 

ルワンダのウムチョムイーザ学園では、1月22日(月)より新学年がスタートしました。まだ新たな年度の始まりで新学期の読み聞かせは始まっていないのですが、前学期の読み聞かせの様子を久々に投稿させていただきます。

 

幼稚園の生徒たちは、すっかり私の顔と名前を憶えてくれました。担任の先生や、たまに私が図書室で絵本を読み聞かせしてもらうのを楽しみにしているようです。

 

 

 

 

 

 

 

小学生の高学年は、紙芝居だとちょっと簡単過ぎるかなと思いながら読み聞かせをしますが、そうでもないようで楽しそうな反応を見せてくれますし、繰り返しでも読んでほしいとせがんでくれます。

 

 

 

 

小学校5,6年生は中には小説などを読んで感想を書ける子も中にはいます。

 

新学年に上がっても週に一度の図書室の時間を楽しみに大事に過ごしてくれる子が一人でも増えることを願って今年度も読み聞かせに通いたいと思います。


 

現在、この図書室の支援で見た子どもたちの喜びをさらに貧しい地域に届けるため、新たなプロジェクトに挑戦中です。第一目標は達成しているのですが、ネクストゴールを設定して挑戦中です。日本からの応援が、ルワンダの遠い山の上にある小さな町に届くように、一冊でも多くの絵本を手にすることができるようにご支援よろしくお願いいたします。


 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています