今回のプロジェクト、正直私たちの手に負えるものではないと思っておりました。多頭飼育崩壊の現場は初めてだからです。

多頭飼育崩壊に対して、どこかの市ではすべての猫を市の愛護センターが引き取り、里親さんを見つけたという放送があったそうで、なにはともあれ東京都の愛護センターに相談しました。ですがよい返事はもらえませんでした。

調布市には愛護センターはないので対応してくださる課と相談しましたが、協力は多少してくれるがどこか他人事です。。ノウハウもありませんし、難しいと思いました。

そんな中、調布市から再度東京都の愛護センターに聞いていただいたところ、

 

「殺処分前提の有償引き取り」

 

と回答が来たそうです。信じられず私たちも確認したところ、

かなりオブラートに包み最終手段ということでしたが、やはりそういうことでした。わかってはいたけど。。とってもショックでした。

東京都って殺処分ゼロかかげてませんでしたか?かかげるのはただですものね。。

連れていく方も連れていく方だと思いますが、その前提を変えていかないとゼロにはならないですよね。それに殺処分て動物愛護法にふれてる気がするんですがどうでしょう。。

 

ホームページ作ったり、多少変わってきているのかもしれませんが職員に行き届いてませんし、やる気を感じないのですよね。。

東京都も殺処分場のない愛護センターを作ってもらいたいものです。

 

人間の高齢化により、さらに多頭飼育崩壊は増えてくるのではないかと思います。東京都の愛護センターにはぜひノウハウを作っていただき、進んで介入してもらえるようになってほしいものです。もちろん殺処分なしで。

 

 

注:この文章は私、一個人の見解によるものです。いろいろ大目に見ていただきたくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ