READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

サマーワークキャンプを開催して学校図書館教育を活性化させたい!

サマーワークキャンプを開催して学校図書館教育を活性化させたい!

支援総額

307,000

目標金額 200,000円

支援者
48人
募集終了日
2014年5月3日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年07月10日 22:26

SWC2014への道(1)

みなさま、お久しぶりです。学校図書館プロジェクトSLiiiC代表横山です。
スタッフ一同、みなさまからのご支援を受けてサマー・ワーク・キャンプ(SWC)2014の準備にまい進中です。参加者申し込みもすでに行っております。おかげさまで、たくさんの方に参加申込みしていただきました。そのため、現在では参加募集を一度締め切らせていただいております。これはプロジェクト成立と同じくらいの喜びです。(これから参加を検討なさっていた方、申し訳ありません!)
そのような準備風景から、今回はグッズとアンケートについて、お伝えします。

① グッズ
支援者への引換として、また当日販売用としてTシャツ数種類とクリアファイルを用意しました。すべてのデザインはkumori(渡辺ゆきの)さんによるものです。かなりのクオリティの高さです。かーわいい!です。スタッフ用として黄×緑のビビッドカラー、そして支援者用限定青×白の、2パターンのつくしデザインがあります。また、一般販売に対応したデザイナーイチオシ!の黒×白花火デザインも、今回作成しました。こちらは事前の予約販売も行っております。
https://docs.google.com/forms/d/1j_LpYVra-sgDEvwQgqjxTG_v31Wd-M4KzVngQiDeYFM/viewform
クリアファイルは卒倒もののかわいさです。kumoriさんがつくし村の住人たちをたくさん生み出してくださいました。夢のつくし村の様子をぜひ手に取ってご覧いただきたいです。

 

 

② アンケート

アンケートはサマー・ワーク・キャンプ(SWC)2014の第1日(9/13)午後に行う「ワークショップの基礎と実践~学校図書館のディレンマ:対話の力」のためのものです。ここで取り上げるテーマは「学校図書館のディレンマ」です。普段の勤務上で感じるディレンマ…2つの選択肢のどちらを取っても不都合がおこったり、自分の思うことと現実の板挟みになったり…について、また特に学校図書館にとって避けては通れない問題「利用者の秘密を守る」について感じるディレンマについて、広く募集中です。現場のみなさま、ぜひご協力ください。アンケート内容は、ワークショップ講師の小峰先生に見ていただき、当日の参考にさせていただく予定です。
https://docs.google.com/forms/d/1S80oM_L--R6yChnCiIAh9uR9L-eICJVlTFQAjGX1ilE/viewform

これからも私たちは、さらに当日の内容について検討していきます。1日目午前の講師お二人による報告とパネルディスカッション、2日目午前の学校図書館問題研究会神奈川支部コーナー、2日目午後のRoom to Readチャリティ大パーティ、そして1日目夜の懇親会などなどなど。
私たちは9月13日のSWC2014スタートまで、そして終わったあとも、色々な情報をみなさまにお伝えしていきます。どうぞこれからもご注目ください。
 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

サンクスメール

支援者
4人
在庫数
制限なし

5,000

alt


サンクスメール
SLiiiCファイル(kumori 渡辺ゆきのさんデザイン)
サマーワークキャンプ参加券

支援者
20人
在庫数
完売

7,000

alt

サンクスメール
SWC2014報告書
SLiiiCファイル(kumori 渡辺ゆきのさんデザイン)
サマーワークキャンプ参加券

支援者
15人
在庫数
完売

10,000

alt

サンクスメール
SWC2014報告書
SLiiiCファイル(kumori 渡辺ゆきのさんデザイン)
SLiiiCTシャツ(kumori 渡辺ゆきのさんデザイン)
サマーワークキャンプ参加券

支援者
9人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする