こんにちは!学生団体SWITCHの手嶋めいです!

 

みなさんは自分の夢、将来について考えたことがありますか?


夢の選択がありすぎて、何になろうと考えてる人が多いと思います。


しかし、私たちが支援してるカンボジアの子供達は違いました。


私は、スタディーツアーには参加したことがないですが、

SWITCHのツアーに参加した人から話を聞いたり写真を見せてもらいました。

 

この写真はカンボジアの子供達の様子です。

 

 

 

興味津々の子供たちの姿が写っています。
また、元気いっぱいでエネルギッシュな子供達ばかりだ

ということが分かりました。


この子供達の将来の夢は、医者か教師になりたいという

2択しかほとんどなかったそうです。


エネルギッシュな子供達がこの2択しか夢としてないのが

もったいないと思います。


もっと世界を見てたくさんの選択肢の中から

自分が最もやりたい夢を見つけてもらいたいと思います。


今主流になってきている「スマホ」で調べ物が簡単にできます。

しかしネットワークがほとんどないカンボジアの子供たちにとって

情報を得る、学べたりする手段としては図書が最適だと思いました。


今回私たちが支援する図書を通して、

夢に突っ走る子供達の手助けが出来たら嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

新着情報一覧へ