皆さんこんにちは。
学生団体SWITCH3年の内山佳奈子です。

 

 


今回私たちには、どうしても叶えたいことがあります。
 
それは、カンボジアの子供たちに、本を届けるということです!
 
なぜ、本なのか?
 
それは・・・・、
食べ物が、子供たちの身体を成長させるように、
本は、子供たちの心に大きな恵みをもたらすと思うからです。
 
たくさんの本に出会うことができれば、
本の数だけ、様々な想像の機会を得ることができると思うのです。
 
まだ行ったことのない都市や海外の写真を通して
世界を知ることになれば、それだけでワクワクが広がることでしょう!
 
職業図鑑を手にすることで、こんな職業が世界にはあるのだと、
夢への可能性が広がるチャンスにもなることでしょう!
 
本を読むことで、想像力を豊かにしたり、言葉に対する興味がわいたり、
感情そのものが豊かになったり・・・
そうです!
まさに、良いことづくしなのです。

 

 
私は、大学で心理学の勉強をしているのですが、
イギリスの研究によると、
6分間読書をすると、ストレスの3分の2以上が解消されるという

データがあるそうです。


本を届けることで、心の安定とともに、

心豊かな生活のお手伝いができるのではないかとも思うのです。
 
実際にこの3月に逢ってきた子供たちのことを思うと、

どうしても「本を届けること」を実現させたいと思っています。


この私たちの思いを叶えるためには、

皆さんの協力がどうしても必要なのです。
ぜひ、お力を貸してください。
 


最後まで読んでくだり、本当にありがとうございました。

 

これからも、学生団体SWITCHをよろしくお願いします。