こんにちは!
学生団体SWITCH2年の藤田すみれです!

 

 

突然ですが、
みなさんの子供の頃の夢はなんでしたか?


私は、小学生の頃はパティシエ、中学生の頃は保育士、
そして今は、学生団体SWITCHとして活動する傍ら、

大学では管理栄養士になるため、勉学に励んでいます。

 

わたしには小さい頃からたくさんの夢の可能性に囲まれ、

たくさんの夢の選択肢がありました。


きっとまだまだこれからも選択肢はたくさんあると思います。

 

小さい頃からいろいろな選択肢を選ぶことができたのは、
絵本や本にたくさん触れさせてもらっていたからだと思います。

 

本を読むことにより、たくさんの情報を手にし、
世の中には幅広い考えがあるということを知れました。

 

 

カンボジアの子供たちの夢がほとんど同じなのは、
知らないから、知る機会がないからだと思います。


彼らにも小さい頃から本に触れ、もっといろんな世界を知って欲しいです。

少しでも夢の選択肢を広げるために、

1300冊の本をカンボジアの子供たちに届けたいと思います。

 

 

皆様のご支援、どうか宜しくお願いします。

最後まで読んでいただき有難うございました。

新着情報一覧へ