厚生労働省は2014年7月15日、13年の「国民生活基礎調査」を発表した。生活が苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」は16.1%、17歳以下の「子どもの貧困率」16.3%となり、いずれも前回調査(10年)を上回った。

前回調査では「相対的貧困率」が16.0%、子どもの貧困率が15.7%だった。調査を開始した1985年以来初めて「子どもの貧困率」が上回る結果になり、いずれも過去最悪になる。

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa10/2-7.html

社会問題や課題は沢山ありますが、今、私たちのすぐ隣にいる子どもたちの未来を、真剣に考えてみませんか?

小さな一歩でも、行動を起こすことが大切だと思います。
私たちは、日本に住む、すぐそばにいる子どもたちのために活動しています。

地域で暮らす子育て世帯の親と子どもたちが、住み慣れた地域で安心して暮らして、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、すべての子どもたちが健やかに育成される環境を目指して活動を続けています。

理念にご賛同いただけましたら、ぜひ温かいご支援をお願い申し上げます。

子どもの未来を考える会 代表 羽鳥佳子
新着情報一覧へ