皆さんは木製品を多数ご存知なので、木目の美しさや木の色のバリエーションの豊富さは言うまでもありません。今回は、私の作品の肌の魅力をお話ししたいです。

作品は焼くことで完成します。木を削り、滑らかに研ぎ上げたうえで焼いてしまいます。あえて作品を壊しているかの行為です。でも、この方法で木の肌が美しさを見せてくれるんです。滑らかにしたはずなのに微妙な凹凸を出してきます。まるで、最後にその木が自身の意思を表明したかのようです。私の技術ではおよばない繊細さを示してくれます。今日もありがとう、となでなでしています。

作品をなでると気持ちいいですよ。

 

新着情報一覧へ