映画祭に参加した映画監督を、地域や学校に派遣したい!

監督派遣の第一弾、映画監督今村彩子さんは、耳が聞こえません。そしてコミュニケイションが苦手。そんな彼女が自分を見つめ直すために選んだのは、沖縄から北海道の宗谷岬までの日本縦断自転車旅行!山形国際ドキュメンタリー映画祭ではこの映画を上映します。参加してくださる今村監督を、山形の聾学校に派遣し、聾者の先輩として生徒たちにいろんな体験を伝えていただき、一緒に語り合っていただくことになりました。そんな思いが、本日の山形新聞に掲載されました。ご覧下さいませ。そして実は、映画祭のボランティアの方が、今村監督と山形サイクリングミニツアーを楽しむ企画をただいま練ってくださってます。

いいっすね〜。

 

新着情報一覧へ