みんなのあおた荘パート③

今回はあおた荘を拠点として活動している映画監督の山田さんのインタビューです!笑

 

◆山田さんが福島(浜通り)の来たのはいつですか?

 震災をきっかけに、2011年5月のGW福島県の新地町にボランティアにきました。映像作家でもあった山田氏はボランティア後も新地町に役3年にわたって関わり続け、原発事故で大きく影響があった海と新地町の漁師たちの生き様を撮り続け「新地町の漁師たち」という映画を作成しました。

 

◆あおた荘に来たきっかけは何ですか?

 原発被災地域(20㎞)圏内のコミュニティがどうなっているか知りたく人が集まっている場所と拠点を探していたところ、浪江町役場職員の方にあおた荘紹介していただいて、あおた荘にきました。紹介してもらった当時は去年12月であおた荘はちょうど大掃除イベントが実施される予定だったので掃除のイベントをきっかけにあおた荘に通うようになりました。

 

◆あおた荘はどうですか?

 若い人たちが多く出入りしていてともても面白い場所だと感じた。若い力がこれからの浪江町をどうしていくが楽しみにしています。

 

山田さんありがとうございました!

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ