【クラファンリターン進捗とネクストゴールに関するご報告】

 

【クラウドファンディングリターンについて】

 

 本クラウドファンディングの現時点でリターン準備の進捗状況ですが、リーフレットの作成シートのデザイン紙の厚さなどが最終決定され、印刷会社へ入稿されました。いよいよ製品版の印刷を開始します。

 

 クラウドファンディングをご支援いただいた皆様へは間も無く個別のお知らせをお送りいたしますので、今しばらくお待ちください。

 

【講習会でCPRを覚える! @本郷 講習チケットコース について】

 

 講習の7月、8月、9月の講習につきましてフォーマットにて参加の希望を取っております。本日、3日間の講習会への日程確定につきまして個別メールをお送りしております。

 参加確認フォーマットにご返答いただいていない方へは、再度メールをお送りいたしましたが、現在13名の方が希望日フォーマットにご記入いただけておりません。お早めにご記入いただきますようお願いいたします。

 

 

【クラウドファンディングネクストゴールに関するご報告】

 

 一般社団法人ファストエイドでは、これまで長野県松本市のキッセイコムテック株式会社様無償にて測定のご協力をいただいてきました。しかし遠距離であり、新たな方法を試したり、ボトルの計測を行う場合など、難しい点がありました。

 今回、300万円達成後のネクストゴールとして、CPRの精密測定環境を整える事を目標とし、80万円の追加目標を設定しました。

 そして皆様のご支援により、このネクストゴールも目標を超えて達成することができました。改めまして皆様に御礼申し上げます。

 

 このような経緯から、CPRの精密測定が行われるコーチングシステム CPR Evolution01  (CPRエボリューション)を購入することに至りました。これにとり、無事都内のオフィスでも測定ができるようになりました。今後はさらに荷重測定の環境を整えて行く予定です。

 

 CPRエボリューションはCPR訓練人形でもペットボトルでも問題なくモーションキャプチャーで外部から精密測定が可能専用手袋につけた再帰反射性素材のマーカー位置を赤外線カメラがミリ秒単位で正確に読み取り心肺蘇生法ガイドラインに定められた基準でCPRを点数化することができます。取得したRAWデータはCSVで書き出しができ、グラフ化等で解析が可能。CPRの研究に使用できるという優れものです。

 「CPRトレーニングボトル」の開発もこの機械無くして進むことはなかったと言っても過言ではありません。

 

 これまでは、この機械の開発・販売元の長野県松本市・キッセイコムテック株式会社様に無償にて測定のご協力をいただいておりました。誠にありがとうございます。

 

 【その他の進捗状況】

現在ECサイトの準備FastAid公式ページの調整を進めております。こちらは状況が確定次第皆様にお知らせ致しますので、もうしばらくお待ちください!

 

    以下は2L天然水と訓練人形でそれぞれ測定した様子となります。

 評価画面:ピンクが天然水2Lペットボトル(水半分)、青が訓練人形のCPREvo.による訓練測定結果。
ボトルはバネが入っていないので人体にCPRしている時のように強く押し戻されることがないため、
効率の良いCPR、圧迫減圧時間比(DC)1:1を実施することが難しくなります。
この傾向は人体に似ています。
​また人形では押し戻される力でリコイル(元の高さに戻すこと)がしやすい傾向があります。

 

同一人物のCPRの比較。ピンクはペットボトル、青は訓練人形。ペットボトルは戻る速度が遅いことがわかります。青い訓練人形では素早く戻る為、点数が出やすくなります。
​​​

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています