さて本日は、的野地区の「狩猟文化と農作物被害」のお話。

日本のあらゆる農村で直面している問題の一つ、
それは、山から下りてきたシカやイノシシ等による農作物被害。

一般的に「害獣被害」と呼ばれているものです。

 

何故、シカやイノシシ等が里山に現れるようになったのか?
かつて、シカやイノシシの天敵である”日本狼”がまだいた頃、
山の生態系バランスは絶妙なバランスで保たれていました。

 しかし、人間が日本狼を絶滅に追いやったことで、天敵のいなくなったシカやイノシシの数が増加し、人間活動で山が荒らされたこともあって、食べ物を求めて里山に下りてくるようになりました。
里山で育てている農作物を食べた方が、美味しくて楽に食べることができる。

 

もちろんこれは私たち人間が招いた結果です。

 

それとは並行して、日本には昔から狩猟文化というものがありました。
的野地区では、この狩猟文化がまだ残っています。
昔から狩猟を当たり前の文化として暮らしてきたのです。
春になると筍や山菜を採るのと同じように、狩猟もまた行われてきたのです。


その中で、近年農作物を育ててもシカやイノシシに食べられてしまう農作物被害が増大しています。

農作物がなくなれば、そこに暮らす人たちの生活が困難になる。。。
いつの間にかそんなおかしなループに陥ってしまったのです。

 人間主体で考えているように思えますが、
「里山を守る」ということは、「自然の生態系バランスを保つ」ということに繋がるのでは?と考えています。
人間が動物たちの数量を調整できるものでもなく、調整するものでもないとは分かっています。しかし、狩猟や農業などの人間活動もまた自然の生態系バランスの一つなのです。

 

昨日もイノシシの群れが農作物を求めて里山に下りてきていました。
民家のすぐ近くまでイノシシが来て畑を荒らすのです。
これを放置していると荒らされ放題の状態になります。

シカやイノシシは「害獣」とは呼ばれているものの、
狩猟をされる方々は「命を頂く」ことを大切に考え、少しのムダにもならぬよう、お肉、毛皮、骨、全てを丁寧に頂く精神を持たれています。
きっと本当は「害獣」と呼びたくない人だって多いはずです。
「命・食べ物・モノ・自然」の尊さをよく知っているからです。
だから、温かくて厳しい。

 

今後の展望として、的野区の方々や役所と一緒に、ジビエ(狩猟肉)の加工販売所の開設や、ジビエ流通ルートの開拓、皮や骨をオブジェや雑貨等に有効活用、体験型ワークショップ開催など、頂いた命を無駄にしないためのシステム作りをしていきたいと思っています。
 またこれらは地元の資金源になり、雇用の確保、地域の活性化にもつながります。

 

今回の「SUNRISE FESTIVAL in 的野」イベントは、これら展望の第一歩として、「まず的野地区の現状を知ってもらおう!」という趣旨の元、開催することになりました。 

人生は、実際に体験してみないと分からないことばかり。

体験すると人はそこで考える。

考えるために、体験しに来ませんか?

 

 <↓箱罠>

 <↓シカがみかんの木の下部分を食べた跡。>

 <↓やがて、みかんの木は朽ちてゆく。。。>

 <↓皮なめしの様子> 

<↓囲炉裏でジビエ(狩猟肉)を食す。>

<↓今から解体。>

 

新着情報一覧へ