【展示のお知らせ @新宿 Beer & Cafe BERG -ベルク】

プロジェクトのご支援を頂きました皆様

 

ご無沙汰しております。

来る2018.6/1から1ヶ月。
新宿東口改札出て15秒の@Beer&Cafe BERGにて展覧会を行います。
                                        
今回は制作7年目を迎えたヒロシマの被爆樹木のフォトグラムを中心に構成した展覧会となります。
                                         
新宿での個展は、2014年に新宿ニコンサロンで開催した以来4年ぶりになります。https://asaworks.exblog.jp/23606859/
                                         
多くの人が行き交う新宿のオアシス的なスペースで、作品が何を語りだすか今からとても楽しみです。
                                         
ぜひお仕事の前に、後にご来場をお待ちしております!

 

                                             

 

            

●展覧会名:

「呼吸する影-Breathing Shadow of Bombed Trees-」
浅見俊哉作品展
                                       
●会期:
2018.6/1(金)〜30(土)
7:00-23:00
(6/11休館)
                                       
●場所:
Beer & Cafe BERG -ベルク
JR新宿駅東口改札を出て左、15秒
ルミネ エストB1
東京都新宿区新宿3-38-1LUMINE EST B1
http://www.berg.jp/
                                       
●展覧会紹介:

ヒロシマにある被爆樹木を知っていますか?
被爆樹木とは爆心地から約2キロ以内で、被爆しながらも生き延びた樹木を指し、約160本あります。

本展覧会は、ヒロシマに現在も生きる被爆樹木の影を太陽光を用いて感光紙に直接焼き付け、撮影された写真(フォトグラム)の展覧会です。(作品は2012年から2017年に制作)

この樹木と出会ったのは2012年。

東日本大震災を契機にヒロシマを訪れた時、爆心地から最も近い370mの場所に佇む、シダレヤナギと出会いました。初めてこの樹木に触れた時、大きな感謝の感情が湧いてきたことを今も鮮明に覚えています。

それから毎年ヒロシマに行き、被爆樹木の今の時間を焼き付けることがライフワークとなりました。

是非お時間許す限り作品をご高覧いただければ幸いです。

「Breathing Shadow of the Bombed Trees」 I used the photogram's technique to take pictures of bombed trees in Hiroshima. I want to take not only a figure of bombed trees but also "Time" of them. It is the reason why I use the technique "Photogram" to take pictures of bombed trees. To use the sensitized paper and take their shadow, I thought I was able to catch the days from August 6 1945 to 2012 when we live now.

The Bombed Trees were burned by the blast of the little boy, and about 2km distance from the centre of the explosion on August 6th,1945 during the Second World War. However, the bombed trees have been growing up strongly till today, this outcome made me so impressed and gave a great inspiration for my execution.

 From July 2016 I also started work to shoot the shadows of Fukushima's "Radiated trees".

                                                         

●作家略歴:

浅見俊哉(Shunya.Asami)

■1982 東京都生まれ。写真作家・ワークショップデザイナー

■主な作品出品は、Mite!おかやま(岡山県立美術館 )、Eternal Echo(NY・A-forest-Gallery)、呼吸する影
-被爆樹木のフォトグラム- (ニコンサロン・旧日本銀行広島支店・galleryG・GALLERIA San FRANCESCO
Italiaなど)、かがわ・山なみ芸術祭2013・2016、中之条ビエンナーレ2017など。

■主なワークショップに、モホイ=ナジ・インモーション展関連WS『影をつかまえる』(神奈川県立近代
美術館・葉山/DIC川村記念美術館 )、紙上の技法学関連WS(武蔵野市立吉祥寺美術館 )などがある。

■ホームページ:http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami
                                        

  Born in Katsushika, Tokyo in 1982,

 The concept of my works is “Time and Memory” and also ”The relationship between absence and emerging. ”Photogram is the way for me to represent them.(Photogram is the way to taking photos without camera.)I place materials directly on photosensitive paper and burn it with sunlight to take pictures. I think that sunburn obtained when going out to swim is one of the most physical pictures.

 I have been creating works on the theme of memory and time until 2004.I am a photographer working on a variety of projects, workshops and educational activities. I have already had some exhibitions in New York and several art museums in Japan.

 My theme is to pursue the possibility of art, "What can art do ? " My experimental workshops aim at understanding the principles of photography. I hold some kind of workshops which is "MAN-PRINT " photographing shadow of the whole body by sensititized paper, "CATCH A SHADOW " feeling shapes and shadow of familiar things , and "ON the PHOTOS " walking on sequence photographs of the water surface. I started to publish a collection of photographs privately.                                 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています