プロジェクト概要

 

癒し効果を科学的に証明!美林と呼ばれる"秋田杉"のフレグランスを開発したい

 

皆さん、はじめまして。秋田で香水専門店パレアンヌを営んでおります中田邦子です。お客様に香水をコーディネートし最適な香水をお選びする仕事をしながら、長年たくさんの香料を調合(調香)してきた経験から、オリジナル香水やルームフレグランスの調香及び製造を行っております。

 

これまでにも秋田に由来のある商品を多数開発してまいりましたが、さらに秋田の地域資源を活かした香りの開発や商品づくりができないか、秋田県由来のもので人に役立つ何かいいものが無いか探していたところ、秋田県総合食品研究センター進藤昌上席研究員が研究している秋田杉から生み出されるバイオエタノールの存在を知り、今回一緒にプロジェクトをスタートすることになりました。

 

今回のプロジェクトでは、秋田杉のフレグランスを制作し、これが人間の脳や心理にどういった影響があるのかを検証し、今後の商品開発へ活かしていきたいと考えています。この研究・開発のため、135万円の費用を必要としています。

 

これまでの技術を活かして、秋田杉の新たな可能性を見つけたい。

 

 

秋田県総合食品研究センター 進藤 昌 上席研究員より

 

秋田県総合食品研究センターの進藤昌です。私は当センターでの研究において、稲・わらや秋田杉などから効率よくバイオエタノールを生産する技術の開発をおこなっております。研究の中で秋田杉から生産されたバイオエタノールから湧き上がる“穏やかで爽やかな香り”に新たな可能性を感じていたところ、パレアンヌ代表の中田さんからお声掛けがあり秋田杉由来のフレグランスを研究するチームをつくるきっかけとなりました。

 

 

古くから秋田の生活に密接に関わってきた秋田杉

間伐材を利用してフレグランスを生み出す

 

私たちの暮らす秋田県は貴重な森林資源である杉林が全国1位を誇ります。秋田杉が世の中に拡がったのが太閤豊臣秀吉の時代。船の材として、伏見城の建材として、また贈り物として徳川家康にも献上されたそうです。

 

それだけではなく工芸品にも使われ、最近お弁当箱などで人気の「曲げわっぱ」は秋田杉を薄く削り熱で曲げる職人技で作り出されます。また、秋田の食といえば皆さんが真っ先に思い浮かぶのが「きりたんぽ」ですね! 秋田のお米「あきたこまち」をつぶして秋田杉の棒に竹輪のように巻き付けて焼くんです。古くから秋田の暮らしに秋田杉は密接に関わっています。

 

そんな良質な秋田杉を育てるためには間伐が必要です。その際にどうしても杉葉などの使われない部分が発生してしまいます。今回のフレグランスのベースになる自然由来のアルコールは、未利用資源を使って抽出したバイオエタノールです。このバイオエタノールは抗菌作用が高くミストとして使用すると自然由来の消毒用アルコールとして使用できます。

 

そしてこのバイオエタノールは殺菌力が強いだけではなく杉由来の穏やかで爽やかな香りをもちます。私たちはこの香りに大きな可能性を見出したのです。(進藤研究員解説)

 

日本三大美林に数えられる秋田杉。

 

 

香りの可能性をさぐるために・・・今回の研究について

 

フレグランス製品の原材料としてバイオエタノールの用途を探るためには、杉葉とエタノールの混合を最適なものに近づける必要があります。その方法として、バイオエタノールを使ったフレグランスが人の心理面にどのような影響を与えるのかを、様々な用途別のサンプルを使い、モニターの方々に匂いを吸入していただいたうえで、脳波計の動きで検証することにしています。

 

調合する香料の種類や量の調整を行いながら、フレグランスとしての最適な条件を導き出すために何度も実験を繰り返さなければなりません。そのためには、たくさんの原材料と脳波計などの実験費用、そしてモニタリング費用が必要となります。それらの費用の一部を、このプロジェクトへのご支援でお願いしております。


■今回のプロジェクトメンバー

 

香水専門店パレアンヌ代表 中田邦子

秋田県総合食品研究センター 進藤 昌 上席研究員

 

さまざまな調合条件で実験を行っていきます。

 

 

日常的に人をケアできるフレグランスをつくりたい

 

ベースとなるバイオエタノールは殺菌・抗菌作用があるので消毒・洗浄用途として広く利用されることが期待できます。さらに脳波計による実験を重ねた検証結果をもとに「フレグランス商品として調香」することで、「バイオエタノールの機能」と「フレグランスの嗜好性」が一体化した新たな商品に生まれ変わる可能性を秘めています。
 

私たちはこの研究を通して、空間への香りの広がりと消臭効果にとどまらず、人の心理面に好作用を及ぼす、新たなフレグランスの調香技術を確立することを目指しています。ご家庭や職場、各種施設(介護施設、養護老人ホーム、学校など)などで日常的に人をケアできるフレグランス商品に成長させるために、今回の開発を進めていきたいと思っています。ぜひこのプロジェクトへのご支援を宜しくお願い致します。

 

仕事で疲れた方がホッと癒される香りを目指して。

 

 

リターン

 

今回のリターン品は脳波計実験に関わる前の試作品となりますが、これまでの調香経験を活かし、用途別のフレグランスをご用意いたしました。

 

リターン商品例(容器形状やラベルデザインは変更することがございます)

 

*秋田杉ボード*

◯秋田杉そのものの香りを楽しめる「秋田杉ボード」を1枚

 

*手軽に香りを使いたい*いつでもどこでもミニフレグランス

◯癒しの香りのフレグランス 5g(遮光ボトル、ドロップ栓付)を1本

秋田杉ボードやタオル、ティッシュなど、ポタポタと垂らせば手軽に香りを楽しめます。フレグランスは独自に調合した「ウッディ調の癒しの香り」です。フレグランスには杉葉成分が入ったエタノール(試作品用)を使用しています。

 

*香りでリラックスしたい*お部屋のフレグランス「ウッディ」30ml/100ml(スプレー)

◯お部屋のフレグランス「ウッディ(リラックス)」(スプレー)を1本/リードスティック 3本付き

30mlでは約200回スプレーでき、リードスティックで約2~4週間使用できます。100mlでは約700回スプレーでき、リードスティックで約2~3ヶ月使用できます。お部屋のフレグランスには杉葉成分が入ったエタノール(試作品用)を使用しています。

 

*香りで集中力を高めたい*お部屋のフレグランス「ハーバル」30ml/100ml(スプレー)

◯お部屋のフレグランス「ハーバル(集中力)」(スプレー)を1本/リードスティック 3本付き

30mlでは約200回スプレーでき、リードスティックで約2~4週間使用できます。100mlでは約700回スプレーでき、リードスティックで約2~3ヶ月使用できます。お部屋のフレグランスには杉葉成分が入ったエタノール(試作品用)を使用しています。

 

*香りでくつろぎたい*お部屋のフレグランス「フローラル」30ml/100ml(スプレー)

◯お部屋のフレグランス「フローラル(くつろぎ)」(スプレー)を1本/リードスティック 3本付き

30mlでは約200回スプレーでき、リードスティックで約2~4週間使用できます。100mlでは約700回スプレーでき、リードスティックで約2~3ヶ月使用できます。お部屋のフレグランスには杉葉成分が入ったエタノール(試作品用)を使用しています。

 

*自分でフレグランスを作りたい*お部屋のフレグランスの原料セット

◯杉葉成分が入ったエタノール(試作品用)(PEスプレー)を1本

◯癒しの香りの香料5g(遮光ボトル、ドロップ栓付)を1本/リードスティック 3本付き

◯お部屋のフレグランスの作り方説明書

エタノールの容器に香料を1滴ずつ垂らして、簡単にお部屋のフレグランスが作れます。香料は独自に調合した「ウッディ調の癒しの香り」です。約400回スプレーできます。リードスティックで約3~5週間使用できます。

 

【数量限定】*香りのお話で元気UP!*香りがテーマの出張講演

◯感謝を込めたお礼のメール

◯香りの出張講演(日帰りコース/一泊コース)

ご支援者のもとに出向き、香りのテーマで講演致します。ストレス緩和や集中力UPに役立つ香りの使い方、若々しく生きるための香りの活用方法など、さまざまな内容で講演することができます。社員の福利厚生、住民サービスの講演会などにお役立てください。

 

講演時間は1時間半(約90分)、参加人数は20名までが目安とお考えください。講演日(4月~11月の期間内)と講演の内容(テーマ)はご相談の上お決めください。会場はご支援者側でご用意ください。

 

※日帰りコースは「秋田県内限定」、一泊コースは「首都圏限定」とさせていただきます。交通費は別途実費をご負担ください。

 

 


最新の新着情報