READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

図形だけで描く流れ作業でできるシステム化企画書の作成の出版

図形だけで描く流れ作業でできるシステム化企画書の作成の出版

支援総額

0

目標金額 2,000,000円

支援者
0人
募集終了日
2019年10月25日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2019年09月06日 15:03

必見! 「誰にでもできるシステム化企画書の作り方」の出版

 社員・職員・学生が企画職になれる

「誰にでもできるシステム化企画書の作り方」

 

この本の出版のご支援をお願いいたします。

 

 企業・団体で働いている社員・職員の方は、営業職・事務職・技術職のいずれかの職種で働いている方が多いと思われます。

ところが、もう一つ、企画職という職種があります。

「システム化企画能力」を持っている方の特別な職種です。

仕事の流れは、トップからの「業務改善の要望」→企画職→営業職・事務職・技術職 になります。

企画職が、トップからの「業務改善の要望」を実現するための「システム化企画書」を作ります。

トップが承認した「システム化企画書」を実行するのが、営業職・事務職・技術職なのです。

企業・団体における企画職の重要性がおわかりになったのではないでしょうか。

この本を購入して「システム化企画能力」を身に付けていただきますと、企画職になれる希望が持てます。

現在、企画職におられる方にとっても、新たな技術を修得する機会になります。

現在、営業職・事務職・技術職をしていて、特に企画職を目指さない方にとりましても、「システム化企画書」を通して、今の仕事とは変わる「業務改善の要望」を実現した新しい仕事の流れが理解できるようになりますので、仕事に意欲が湧くようになるのではないでしょうか。

ということは、日本全国の企業・団体の社員・職員にとっては、待ち望んだ本となることでしょう。

 高校生・大学生にとっては、就職試験の面接で、「システム化企画能力」を身に付けていることを訴えることによって、採用される可能性が高くなるように思われます。

ということは、日本全国の高校生・大学生にとって、待ち望んだ本となることでしょう。

 「システム化企画能力」には男女差は全くありません。

働いている女性にとっては、希望の職種に就ける大きな機会になることでしょう。

自宅にいる主婦にとりましても、仕事をする相手とのやり取りはメールでできますので、自宅でやりがいのある副業ができるようになる千載一遇の機会となることでしょう。

ということは、日本全国の働いている女性、自宅にいる主婦にとって、待ち望んだ本となることでしょう。

 

 今よりもよい生き方を目指している方にとっては、「システム化企画能力」を身に付けることは、これからの人生において、よい機会が得られる可能性が増えるのではないでしょうか。

 ぜひとも、この本をご購入していただいて、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

2,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「すべて図形だけで描く流れ作業でできるシステム化企画書の作成と、根拠が説明できる見積書の作成」の出版

1上記のタイトルで出版した本を贈呈します。
2贈呈した本の内容でご質問がある方には、無料で、メールでの回答をさせていただきます。
3社会人で、「業務改善の要望」がある場合、一人1つの要望について、無料で、メールでの対応をさせていただきます。
4高校生・大学生で、就職のために、「授業改善の要望」がある場合、一人1つの要望について、無料で、メールでの対応をさせていただきます。
 企業・団体においては、「システム化企画能力」を持った人は、最優先で必要な人材になります。
この能力は、就職していたら、学ぶ環境がないように思われます。
高校や大学には、教える教員がいないように思われます。
 この技術を修得すると、企画職として仕事をすることができるようになれる希望が持てます。
企画職は、営業職・事務職・技術職とは別の専門職です。
「システム化企画能力」を持つ人の特別な職種です。
高校生・大学生ならば、就職試験の面接で、この能力を身に付けていることを訴えることによって、採用される可能性が高くなるように思われます。
この能力には男女差がありませんので、女性にとって魅力がある職種になることでしょう。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロジェクトの相談をする