昨日12月17日、東京都港区にある日本財団さんの2階で、今回ボヤージュプログラムとしてクラウドファンディングを行っている10団体のトークイベントが行われ、FTCJからは石田が登壇させていただきました。


下記のURLより、当日のイベントの様子の動画が視聴可能です。

お手すきの際にご覧いただけますと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pg/freethechildrenjapan1999/videos/

 

 今回私たちが事業の資金集めにクラウドファンディングという方法をあえて選んだのには3つの理由があります。

 

1つ目はもちろん、事業実施に必要な資金を集めるためなのですが。

 

それ以上に、2つ目として、フィリピンの視覚障害者たちの状況を知っていただきたいのです。クラウドファンディングなら、このように毎日新着情報を発信できます。その中で、少しずつ私が出会ったフィリピンの視覚障害者たちとのエピソードや、私が体験したことを紹介していこうとしています。彼らのほとんどが、自らは世の中に声を発信する手段を持っていません。パソコンの画面読み上げソフト購入には10万円かかります、文字で発信するためには教育が必要です。そんな手段など持てない彼らに代わって、私がなるべく、現地の視覚障害者の声を発信しようとしています。


 そして3つ目に、全盲でも国際協力の仕事に就いている、途上国駐在も経験しながらNGO職員としてプロジェクトを担当できるのだということを、一人でも多くの方に知っていただきたいのです。私なんかよりずっと優秀なのに、当時は時代が許さなくて国際協力の職を諦めた視覚障害の先輩方を沢山知っています。

 

このクラウドファンディングが成立し、事業が無事達成されたら、その実績は日本において障害者の就職先を広げるんじゃないかと思ってます。

 

今の高校生くらいの年齢の人たちが就職活動をするころには、国際協力の職が障害者にとっても当たり前の就職先になっていてほしい…、そういう願いも込めてこれからも講演会を、企業訪問を、新着情報の更新を続けていきますので、みなさんどうか応援をよろしくお願いします。
 

 

12/17イベント参加者みんなで

新着情報一覧へ