2月4.5日、大阪府の関テレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園にてワン・ワールド・フェスティバルという国際協力のお祭りがおこなわれます。

 

 

 その開催プログラムの一つとして、2月5日の13時から15時、私石田と、八十川(やそかわ)勝映画監督が、当団体の代表中島の司会の下、トークイベントを行います。場所は「何でもアリーナ」です。なんと、400人会場なのです!

 

 トークイベントは、「特技を活かしてアクションを起こそう!」をテーマに、自身の視覚障害やフィリピンへの留学経験、教育開発の知識などを活かして現在のフィリピン障害者支援事業に取り組んでいる私と、そして映画監督としての経験を活かして、現在盲学校をテーマとした青春映画を作成することで、障害者理解と障害者の社会参加を促進しようとしている八十川監督とが、それぞれの経験を話します。

 

 みなさんがそれぞれの特技やできることを見つけ、興味ある社会問題を見つけ、それらの問題を自身の特技を活かしてどう改善していくか…、活動計画造りの最初の1歩となると思います。ぜひ、いらしてくださいね!

 

 

 ワン・ワールド・フェスティバル会場へのアクセスは以下です:

大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅直結

JR環状線天満駅 徒歩3分

 

フィリピン視覚障害者支援事業の様子
新着情報一覧へ