READYFOR
クラウドファンディングとはプロジェクトを掲載する掲載するログインログイン・新規登録

このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

継続寄付
成立

保護猫カフェ閉店で残った猫61匹の育成にご協力を!サポーター募集

保護猫カフェ閉店で残った猫61匹の育成にご協力を!サポーター募集

マンスリーサポーター

37

目標人数 20人

募集終了日
2023年7月31日
募集は終了しました

    https://readyfor.jp/projects/happynekochan2023?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

はじめまして。数多いプロジェクトの中において、ご覧頂きましてありがとうございます。

2022年5月より継続寄付型プロジェクトを公開しております福田佐富美(69才)と申します。 6年前に保護猫カフェを閉店した時に、譲渡不可能な猫180匹が残りました。譲渡できない理由は多くあります。生まれつきの病気や奇形をもつ猫。人慣れしない猫。虚弱な猫に老猫。そんな猫達が少しでも良い環境で暮らせるようにと、生涯育成型シェルターを作り運営を継続し、多くの猫を看取って参りました。現在は61匹の保護猫と暮らしております。高齢となってきた猫達が、最後まで幸せに暮らしていけますよう、ご支援ご協力を頂きたく、キャンペーン型プロジェクトを公開いたしました。

 

【目標】キャンペーン期間中:20人(目標金額:+10万円)

 

 

▼これまでの活動と現状

 

2000年より東京都練馬区石神井地区において地域猫活動(TNRと保護)を個人で開始

2014年〜2016年 譲渡会の企画と開催。地域猫についての啓蒙活動を行う

2014年〜2016年 保護猫カフェ・ハッピーネコちゃんを開店し運営(社団法人設立)

2016年9月 練馬区南田中ペット霊園ニルバーナ内に猫専用供養碑建立

2016年12月末 賃貸契約更新拒否を受け保護猫カフェを閉店

閉店後に残った猫180匹のために、生涯育成型シェルターを作り現在に至る

 

練馬区でのボランティア活動は、仕事と平行しており収入はありました。保護猫カフェを開店したことで保護依頼が一気に増え、飼育頭数が増えていく中、本業に集中できない時期がありました。カフェ営業では利益は無く発生した赤字の補填と、長期に渡る飼育費用の捻出で、預貯金は使い果たしました。保護猫カフェ閉店と退職が重なり無職となり、シェルター運営は、わずかな年金と、支援者の方からの寄付で続けております。4年前には、家賃の安い郊外にシェルターの移転を行いましたが、100匹以上の飼育費用は高額で、虚弱な猫が多かったため看取りが続き、困窮が進んでいきました。さらにコロナ禍となり、シェルターの家賃を負担していた身内からの援助が無くなり、シェルター運営継続に危機感を持ち、広く社会へ救済を求めております。

 

▼これまでクラウドファンディングでいただいたご支援

 

2014年1月 「保護された猫が新しい家族と出会えるカフェを作りたい」成立

2016年1月 「 猫も人も癒されるメモリアルパーク(共同墓地)をつくりたい!」不成立

       *社団への寄付金が多く集まり、猫専用供養碑を建立いたしました

2021年1月 「保護猫カフェ閉店で残った猫78匹を助けてください!/コロナ禍で困窮」成立

      シェルター家賃2年分(約300万円)を得る(2023年1月までの家賃を支払う

 

🔻2023月5月継続寄付型公開  「サポーター募集中/保護猫カフェ閉店で残った猫70匹への援助を!  

       

▼継続寄付型プロジェクト公開後の状況

 

⚪️ 6月現在・サポーター45名(人数に増減があります)

⚪️ 6月現在マンスリー104,000円(支払い手数料8%/毎月25日受取り)

⚪️ 受取金額は 93、024円(4月分/5月25日受取り)

 

支援金の半分はフード代、半分を光熱費の支払いに充てております。

少しずつ運営状況が良くなっており、本当に助かっております。

😺光熱費(特に電気代)と法人税の滞納がなくなりました。

😺猫の医療費に月平均4万円を使えるようになり、虚弱な猫から診察を受けさせております。

😺シェルター家賃1年分を纏めて支払うことができました(2024年1月分まで)

😺READYFOR以外での支援が増えました(支援物資と振込による寄付)

 

▼今回キャンペーンを行い支援を求める理由

 

⚪️ 物価高騰で飼育費用が増えており、支援物資の量が減った場合に赤字が増えるため。

⚪️ 家賃1年分(2025年1月分まで)を、8月末までに支払う必要があるため(更新の条件)

⚪️  高齢の猫が多く、時期を集中して医療費が必要となる可能性が高いので。

⚪️  支援者数が増えることで、個人負担の少ないサポート制度が確立できるから。

 

 

現在サポーター45名/マンスリー約10万円

困窮から抜けることができました

⬇️

キャンペーンにて+10万円増を達成

⬇️

シェルター運営が2年間安定します

⬇️

その2年の間に状況にあった次の対策を考えていきます

 

⭕️猫の頭数によっては家賃の安い場所を探す努力

 ⭕️マンスリー30万円になるための努力

⭕️自分の収入を少しでも増やす努力

⭕️若い猫を譲渡する努力

 

 

▼現在の運営費用内訳と2年後

 

猫の食費の半分は、支援物資によって支えられております。

物価高騰により消耗品と光熱費が2〜3割増え、運営費用は不足の状態が続いております。

支援物資のご寄付は本当に有り難く、今後も継続して頂きたくお願いいたします。

 

 

 

▼一番大きな費用/家賃について

 

1年分の家賃を一括で支払うために常時、積立を行っております。

 

 

契約期間は2年です。私が契約者となるには、2年分の家賃を一括で支払うことが条件でしたが、それができず今回は、身内へ契約者として更新をしてくれるように頼みました。

身内からの条件として滞納を防ぐために、家賃2年分を2回で支払うことを要求されております。

2023年1月までの家賃(1年分)の支払いは完了しており、残り1年分を払うため、最大限に節約をして寄付金を積立て、貯めております。支払い期日は8月で、現時点での積立金は80万円となっております。

 

▼飼育する61匹の猫について

 

🐱9才〜15才が24匹(9才〜11才が15匹。12才〜14才が9匹)

多頭飼育の場合、平均寿命は普通より短くなります。これから5年の間に、看取りが集中すると想像しております。障がいを持つ猫2匹がおり、食事の介助が必要なため、長時間の外出はできません。猫の世話、掃除は全て私が一人で行っておりますので、パートに出る時間が無いのが現状です。

 

🐱6才〜8才が32匹(ほとんど人慣れしていません)

5、6年後の飼育頭数は30匹代になると想像しております。そうなれば今より狭い場所での、飼育が可能となります。それまでは今の場所で暮らしたいと願っております。環境の変化、引越し作業は、 猫にとっても私にも、大きなストレスを与えます。今の場所は静かな環境で、信頼できる獣医医院と猫のお墓に通える距離にあり、買い物にも便利な場所です。

 

🐱5才以下が5匹(5才が3匹。3才が2匹)

5匹とも、全く人慣れしていません。飼育する頭数が少なくなると猫は長寿となるので、この若い猫が、寿命をまっとうする時には、私は87才です。自分が生きているいるかどうか分かりませんが、 この猫達が10才になる時期には、飼育頭数は大幅に減っており、人慣れする可能性が高くなります。 猫のためにも早めに人慣れをさせ、譲渡するつもりでおります。

 

⬇️保護数が多いと、病気の猫の確率が高くなります。縁あって私の元にきた猫達を最後まで、きちんと飼育することが、保護した人間の勤めと考えております。これまで看取った猫の数は240匹を超えております。その猫達の全てに、動物愛護とは何かを教えてもらいました。

 

羽ちゃん10才。

生まれてすぐ、高い場所から転落した猫で、脳挫傷、盲目、四肢麻痺です。でも光、音、匂いにも反応し、普通の猫と同じような喜怒哀楽を表現します。最近、膀胱結石が見つかりましたが、風邪ひとつひかない健康な猫です。私に、小さな命の大切さと、生きる権利を教えてくれた猫です。

 

 

▼社会への恩返し・今の私にできること

 

これまで出会った猫の数は、約1,000匹です。

伝染性腹膜炎ドライタイプとウエットタイプ、腎不全、乳癌、リンパ腫、エイズ、白血病、漏斗胸、先天的奇形、巨大結腸、門脈シャント、心筋症と多くの病気の猫の飼育をしました。生後まもない子猫の飼育や、餓死寸前で保護した猫の看病も経験しております。地域猫活動に保護と譲渡活動。多頭飼育のノウハウなど、自分の経験を発信することで、何かのお役に立ちたいと願っております。

 

⚪️ 多くのケージを保管しております。災害時においては、犬猫の保護活動ができます。

⚪️ 猫を捕まえる技術を持っております。捕獲の指導やお手伝いができます。

⚪️ 多頭飼育のノウハウを持っております。頭数別にアドバイスができます。

⚪️ 猫の看病、看取りの方法、飼い主さんの気持の持ち方についてアドバイスができます。

⚪️ 体験を文章で残すことができます(現在、ホームページ「保護猫と共に生きる」を執筆中)

 

😹ホームページは未完成のままの公開となりました。年内に完成を目指しております。

 

 

 

 

 

▼サポーターになっていただいた方への恩返し

 

 

⚪️マンスリーの金額、サポート期間の長短に関わらず、リターンをさせていただきます。

⚪️これまでのサポーターや支援者の方々全てに、適応させていただきます。

⚪️埋葬は、地方の方からでもお受けできますので、ご遠慮なく希望されて下さい。

(これまで2名のサポーターの方が、埋葬されております)

⚪️猫相談はメールでお受けいたしますが、対面、電話、リモートでも可能です。

 

猫のお墓についてはこちらへ

 

▼伝えたいメッセージ

 

20年に渡るボランティア活動を終え、語りたい事は多くありますが願いは一つです。それはボランティアとして、有終の美を飾らせて頂きたいのです。

私の活動は、猫が大好きだから始めたのではなく、自宅近くにあった大きな公園で見た光景の中、外で生きる猫の悲惨な状況をみて「このままではいけない。自分には何ができるのか。何をすべきか。」と、強く感じたからです。公園では毎年、多くの猫が遺棄されており、誘拐や虐待が起きていました。撲殺されたり、遺棄される子猫の多くはカラスの餌になるなど、動物好きな人間にとっては、見るに耐えられない地獄絵でした。

猫のお世話は、今は90歳となるボランティアの先輩方が自腹を切って、不妊手術を行い、日々の配食をされていました。しかし個人の力には限界があります。里親募集をするにも、ネットの力が必要となっていた時期に、私の「何ができるのか。」の思いが重なりました。先輩方の活動を見て学び、私なりに引き継ぎ、多くの猫を救いましたが、自分の人生設計としては、失敗だったかもしれません。

気が付けば全てを失い、残ったのは猫だけでした。自分で決めて進んだ道ですから、後悔はありません。保護猫全てを、きちんと看取ることができれば本望です。どうか、私の残りわずかとなったボランティア活動を、支えて頂きたくお願いを致します。そして、これまでの活動を支えて下さった多くの支援者の方々に、この場でお礼を申し上げます。心の底から感謝しております。

本日は、一個人のお願いを最後まで、読んで頂きましてありがとうございました。  福田 佐富美

 

 

 

 

 

 

 

 

<留意事項>
・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はこちらをご覧ください。(リンク
・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。
・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。(リンク
・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。(リンク
・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。(リンク
・ ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
福田佐富美(一般社団法人 練馬の猫を考える会)
団体の活動開始年月日:
2006年6月25日
団体の法人設立年月日:
2014年2月21日
団体の役職員数:
1人

活動実績の概要

2000年から2018年まで東京都練馬区において、地域猫活動及び飼い主のいない猫の保護活動をを行いました。TNRした猫の数は、約500匹。 譲渡した猫の数は、約300匹。(2014年〜2016年/保護猫カフェを運営) 看取りした猫は、約240匹 です。2016年に猫専用の供養碑建立。現在は、生涯育成型シェルターの運営しております。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/happynekochan2023?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

プロフィール

福田 佐富美(練馬の猫を考える会)

福田 佐富美(練馬の猫を考える会)

飼い主のいない猫を一匹でも多く幸せにすることを目標に活動を継続しております。自分ができることは全て行いました。残りの人生は保護猫を幸せにするために頑張ります。どうかお力を貸してください。これまでの猫活動は全て書き残しております。活動の全てを記載したホームページをご覧ください。 https://safumihukuda.studio.site/

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/happynekochan2023?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

コース

1,000円 / 月

毎月

毎月応援1,000円コース

毎月応援1,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

2,000円 / 月

毎月

毎月2,000円コース

毎月2,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

3,000円 / 月

毎月

毎月応援3,000円コース

毎月応援3,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

5,000円 / 月

毎月

毎月応援5,000円コース

毎月応援5,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

10,000円 / 月

毎月

毎月10,000円コース

毎月10,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

20,000円 / 月

毎月

毎月20,000円コース

毎月20,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

30,000円 / 月

毎月

毎月30,000円コース

毎月30,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

50,000円 / 月

毎月

毎月50,000円コース

毎月50,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

100,000円 / 月

毎月

毎月100,000円コース

毎月100,000円コース

金額にかかわらず同じです(上記に記載)

プロフィール

飼い主のいない猫を一匹でも多く幸せにすることを目標に活動を継続しております。自分ができることは全て行いました。残りの人生は保護猫を幸せにするために頑張ります。どうかお力を貸してください。これまでの猫活動は全て書き残しております。活動の全てを記載したホームページをご覧ください。 https://safumihukuda.studio.site/

あなたにおすすめのプロジェクト

達成
地球の宝を守れ|国立科学博物館500万点のコレクションを次世代へ のトップ画像

地球の宝を守れ|国立科学博物館500万点のコレクションを次世代へ

国立科学博物館国立科学博物館

#子ども・教育

777%
現在
777,502,500円
支援者
48,166人
残り
34日

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする