こんにちは!日々貴重なご支援や情報発信のご協力、ありがとうございます。

今日は「広瀬川灯ろう流し 光と水とコンサートの夕べ」で使う灯ろうのお話をしてみたいと思います。

 

本大会で使用する灯ろうは通常用と新盆用の2種類あります。

通常用の大きさは約30cm四方で、赤、青、白、オレンジの4色です。

新盆用は約40cm四方と通常用より一回り大きく、囲いの紙も黄色の和紙を使用した特別製です。

これらの灯ろうは、実行委員やボランティアスタッフの皆さんの協力で前日に組立作業を行います。

専用の木皿の四隅に柱を立て、囲いの紙をかぶせて完成です。

主に制作にご協力頂くのは地元の方や学生の皆様で、この日1日で、当日使用する2/3程度を制作します。何組かのグループに分かれて作業をして頂きますが、さすが学生さん、器具の扱いに慣れてくるとペースが早く、あっという間に作り上げていきます。

 

近年は「地元の行事に参加しよう!」ということで、中学生のみなさんがお手伝いに来て頂いています。

 

また、毎年制作に参加して頂いている方の中には「このためにMyとんかちを買いました!」という方もいらっしゃり、本当に頭が下がる思いです。ありがとうございます。

 

多くのスタッフの皆様が心を込めて作った灯ろうです。

ぜひ、貴方の気持ちを添えて、8/20に灯ろうを流してみませんか?

 

新着情報一覧へ