プロジェクト概要

生きづらさを抱える子どもたちやその家族のための児童発達支援事業と

放課後デイサービスの施設をバリアフリーにしたい!

 

はじめまして!NPO法人えがおのたねの櫻場敬子と申します。私は埼玉県所沢市に住んでいます。育てづらく生きづらい子どもたちやご家族の「第三の居場所」を作るためにNPO法人を立ち上げました。

 

継続的に援助していくため、きちんとした法律の裏付けがある障がい児の通所施設を作ろう!と児童福祉法による児童発達支援事業(未就学の子ども対象)と放課後等デイサービス(小学、中学、高校生対象)「きなこ」の開設準備をすすめています。その施設をバリアフリーに改修するためにプロジェクトに挑戦しました。

 

車いすでも利用できる多目的トイレにしたり、衛生面からシャワーをつけ、外でも安全に遊べるようにフェンスをつけるための工事費用200万円がどうしても足りません。皆様のご支援お願いします。

 

(駐車スペースもこんな風にフェンスをつければ、庭として遊べます)

 

 

発達障がいへの正しい理解と適切な支援があれば

子どもを責めることも環境を憂うこともなくなるのではないか

 

私には、高校1年生の息子がいます。彼は不注意優位型のADHDでした。先天性の脳の機能障がいだとわかるまでの4年間、彼に本当に申し訳ないことをしていたと思っています。

 

「何度言ったら忘れ物しないの?連絡帳に何にも書いてないのはなぜ?」と親にも先生にも責められ、ただただ自己肯定感を下げ、息子は不登校になっていきました。彼が二次障がいを抱えていることを知り、私は何をしていたんだと自分を責めました。

 

視力が悪かったらメガネをかけるように、発達障がいにも正しい理解と適切な支援があれば、息子を怠惰だと責めたり、環境を憂いたりせずに済んだのではないか。

 

私は、こんな思いをする親や子どもを一人でも少なくして、あなたのせいではないよ、と言ってあげたい。少しでも楽になって笑顔になってもらいたい!と思い、NPO法人を立ち上げました。

 

(クリニカルアートの様子)

 

 

生きづらさを抱える子どもたちへの学習サポートを行っています。

 

生きづらさを抱える子どもたちの多くが、本人の努力不足や親の育て方が原因ではなく、生まれつき脳の伝わり方が定型発達の子どもと違っていて、発達につまづきがあることがだんだん分かってきました。そして、その子どもたちが笑顔で幸せに生きていくためには、まず家族が笑顔になることが大切だと考えました。

 

私たちは勉強がしんどい小学生、中学生を対象に「学習サポート」を毎週土曜日に開催しています。個別指導なので、「わからなくてつまらない」から「わかって楽しい!」と子どもたちの目がだんだんに輝きます。

 

(カルタを使って楽しく漢字の学習をしています)

 

 

参加者の意欲と潜在能力を引き出す

「クリニカルアート」によって子どもたちの心に働きかけています。

 

また、子どもたちが自信をつけ、自分を好きになるために「クリニカルアート」をやっています。このプログラムは、脳がいきいきとなるように工夫されており、臨床美術士の働きかけにより、参加者の意欲と潜在能力が引き出されるということが特徴です。

 

アートをしている時の子ども達は、真剣な表情を見せたり、褒められた時には得意げな照れ笑いをしたりします。

 

(子どもたちが「クリニカルアート」に取り組む様子)

 

 

音楽で子どもも家族も笑顔があふれる

 

9月には、障がいのある大人も子どもも、そうでない人も音楽で遊ぶことが大好きな方ならどなたでも参加できる音楽イベントを開催しました。普段触れない楽器を自由に奏でたり、音楽に合わせてゲームをしたりと、まさに“音を楽しむ時間”となりました。用意した手作りの楽器のおみやげも好評でした。

 

(音楽イベントでは車いすの方も参加しました)

 

 

いよいよ開所!地域に根ざす「きなこ」に。

 

さまざまな活動を通して、工夫次第で子どもたちがとてもいい笑顔を見せてくれることがわかりました。同時に、環境を整えることの大切さも痛感しました。せっかくの場所を用意しても車いすの人でも使えるトイレがなかったら、みんなが楽しむことができない。車道と遊び場を隔てるフェンスがなかったら、安心して遊ぶことができない。シャワーがあれば、汚れることを気にせず、思いきって遊ぶことができる。

 

「きなこ」では、ひとりひとりの個性を大切にして自尊心を高めること、人との関わりの中で育つ主体的な力を引き出し、子どもたちが地域・社会とつながるための環境づくりをめざしていきます。子どもたちが笑顔になるためには、まず“ご家族が笑顔になること” を大切に考え、ご家族の不安や悩みにも心を寄せていきたいと考えています。みなさんのご支援を心からお待ち申し上げます。

 

 

引換券について

 

◆サンクスカード


◆クリニカルアート便せんセット

旬の野菜をオイルパステルで描いた作品を使って便せんセットにしました。

 

◆手作り雑貨

手工芸が得意な仲間たちが作った素敵な雑貨です。(品物は選べません)

◆手作り楽器

音楽イベントでのおみやげになった手作り楽器たち(品物は選べません)

 

◆トコろんクッキー

所沢のゆるキャラ「トコろん」のクッキー。所沢で第1号のお菓子。季節に応じて所沢産品をミックスして作っています。



◆クリニカルアート体験(10人以内のグループ可)
約1時間半のクリニカルアートのセッションを出張して行います。

(埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県に限ります)
 上記地域以外の方には埼玉県川越銘菓(福蔵)


最新の新着情報