READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型

奈良医大と共に【難病克服キャンペーン】に取り組みませんか?

公立大学法人奈良県立医科大学

公立大学法人奈良県立医科大学

奈良医大と共に【難病克服キャンペーン】に取り組みませんか?
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は12月25日(日)午後11:00までです。

寄付総額

448,000

目標金額 2,000,000円

22%
寄付者
35人
残り
28日
プロジェクトの寄付にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は12月25日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

ページをご覧いただき誠にありがとうございます。

私たち奈良県立医科大学は、MBT(Medicine-Based Town:医学を基礎とするまちづくり)活動を推進しています。

現在、希少な疾患ゆえに社会から放置されがちな難病やそれに苦しむ患者さまの苦境を、多くの人々にご理解いただくための啓発活動として、「MBT難病克服キャンペーン」を展開しています。

 

キャンペーンを 一緒に盛り上げて いただけませんか!

 

 

(奈良県立医科大学 学生による難病克服にまつわる

ドキュメンタリー作品「豊かに生きるマニュアル」)

 

 活動内容 

 

1.『MBT映画祭』の開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▶︎「みんなで守るいのち」をテーマにした映画を全国から募集し、入場無料の映画祭で啓蒙活動を行なっています。

 

 

2.MBT難病克服WEBセミナーの開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▶︎難病に関わる研究者さまの活動や、患者支援者さま、患者さまの現状をお知らせするセミナーをオンラインで定期的に行なっています。

 

 

3.企業と連携を取り、広く周知

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▶︎協賛企業を募集し、企業の商品やホームページ等にキャンペーンの内容を掲載いただいています。

 

 

(細井裕司 奈良県立医科大学理事長、最優秀賞「バリアフルライフ」山村もみ夫。監督、篠原哲雄 審査委員長)

 

私たち奈良県立医科大学は、MBTコンソーシアムとの連携により「MBT映画祭運営委員会」を組織し、

難病に関わる関係者の苦境をお知らせする啓発の一環として〈難病克服支援 MBT映画祭〉を立ち上げました。

 

 

 

 

(第一回MBT映画祭 入選監督と審査委員とのトークセッション)

 

この映画祭は営利目的ではありません。

この映画祭は「難病に関わる関係者の苦境をお知らせする啓発キャンペーン」が目的で始まりました。

また、作品が集まると今度は「優れたクリエイターの支援と周知」も新たな目的に加わりました。
この二つの大きな目的を成し遂げるためには、多くのお客さまにご来場いただくことは必須であり、第2回以降も「入場料無料」で映画祭を開催したいと考えるようになりました。

 

 

この映画祭を通じて難病克服支援とクリエイター支援のサポーターになってください!

 

(第一回MBT映画祭のダイジェスト映像 3分)

 

第一回映画祭は2022年1月8日(土)に奈良県橿原市文化会館にて開催できました。

「みんなで守るいのち」をテーマにした映像作品を公募し、集まった48本の中から審査で選ばれた10本を上映。その中からさらなる最終審査で決まったのが以下の作品です。

 

最優秀賞「バリアフルライフ」(作品監督:山村もみ夫。氏) 
優秀賞 「文字盤の先に」  (作品監督:木寺智裕氏) 
特別賞 「パンにジャムをぬること」(作品監督:瀬浪歌央氏)
特別賞 「それでも、洗う」 (作品監督:寺谷千穂氏)

 

受賞者の中にはこの後に劇場映画監督デビューされた方もいらっしゃったり、充実した審査結果となりました。

 

その他、審査委員長である篠原哲雄監督の映画「犬部」の特別上映を含め、全て無料の映画祭として200名以上のお客様にお越しいただき、「難病克服支援のキャンペーン」として無事成功いたしました。

 

また、クリエイター支援として映画祭後も入選作品の上映活動を行っており、3月19日には京都・けいはんなプラザで上映会が行われ、このクラウドファンディングが開始する10月1日には大阪うめきたでも上映会が行われる予定です。

 

 

 

第二回MBT映画祭は、全国的な啓蒙キャンペーンへの拡大を目指し、会場を東京の有楽町朝日ホールに移します。

 

今年も「みんなで守るいのち」をテーマにした映像作品を募集し、審査の末に選ばれた入賞作品を上映します。審査は映画監督の篠原哲雄氏を審査委員長に映画のプロと医療のプロの混成チームが担い、映画祭のトリには授賞式を行います。

 

(篠原哲雄 審査委員長) 

 

特別上映作品は、アカデミー賞を受賞した『Coda コーダ あいのうた』難聴者の家族の中でたった一人健聴者である少女が「歌うこと」に人生を賭ける姿を描いたヒューマンドラマです。

 

(「Coda コーダ あいのうた」 © 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS) 

 

また、衆議院議員の野田聖子氏による「医療的ケア児との人生」と題した特別講演が行われます。

 

 

開催概要

『第二回 難病克服支援MBT映画祭』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2023年1月14日(土) 12時〜19時30分

 有楽町朝日ホール

 入場無料

 参加申し込みは→ここをクリック

 

 

 

 

 

01 医学(人を知る学問)の力を産業に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今まで患者さん1人1人を治療することにしか使ってこなかった医学の力(医師など医学・医療の専門家の知識)を産業創生、地方創生、まちづくりに積極的に投入すれば、新しい視点からイノベーションを起こせると考えました。医学を基礎とする産業創生とは、新商品開発、新サービスの導入、高齢者の害になるような間違った商品開発の防止等を意味し、MBE(Medicine-Based Engineering、医学を基礎とする工学、産業)と名付けました。MBEによって地方が活性化します。そして、活動の場は人が住む「まち」です。このような発想から最終的に医学が生かされる場としての「まち」を思い描き、MBT(Medicine-Based Town、医学を基礎とするまちづくり)を標榜することにいたしました。

 

 

02 MBTに至った3つのアイデア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MBTに至った3つの事柄があります。いずれも2004年頃に発想したものです。一つは住環境によって健康増進を図る学問として住居医学の提唱、二つ目は医学的に間違った製品が発売されて失敗したことから製品作りには医学が必要と感じたこと、三つ目は従来から知られた聞こえのメカニズムである気導や骨伝導と全く異なる軟骨伝導聴覚の発見です。軟骨伝導はすでに26編の論文が国際誌に掲載されていることから学問的には確立されましたが、一般の人にこの医学的発見の恩恵が届くには、スマホやコンピュータ端末などの製品化が必須と考えました。これらのことから産業に医学を投入することの重要性を確信しました。

 

 

03 MBTコンソーシアム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年4月に、すべての業種の企業、官公庁に呼びかけ、MBT活動を産業界と共に進めるためのMBT(Medicine-Based Town:医学を基礎とするまちづくり)コンソーシアムが発足しました。そして2022年2月現在、あらゆる業種から、日本の産業をリードする企業など会員数が227社、会員企業の本社所在地は24都府県に分布するまでに発展して参りました。また海外活動も行い、今やMBT活動は国内外に広まってきております。

 

 

04 具体的活動

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◯製品の開発を支援

 多くの企業様は、新製品開発や新サービスの導入に際し医学知識を必要とされています。奈良県立医科大学は基礎医学、臨床医学、看護学の全分野にわたって専門家をそろえており、企業様と専門家をマッチングすることにより、医学的に正しい製品の開発を支援しております。医学的に正しい製品や社会貢献に資する製品にはMBTロゴマークを付与し、広報しております。

 

◯社会貢献キャンペーン活動

 ① MBT コロナ克服キャンペーン:医学的に正しい感染対策無料相談を全国的に実施し、40件を超える種々相談対応や現地に出向いてのアドバイスを行いました。

 ② MBT 難病克服キャンペーン:患者数が少なく医療の光が当たりにくい難病に対して、協賛企業を募り、セミナーや映画祭の開催、などを通して難病に関わる人々の現状を社会の人々に啓発し支援を行っています。

 

◯地域活性化活動

 現在までに北海道3ヶ所、関東3ヶ所、中部2ヶ所、近畿4ヶ所などで現地地方自治体や企業等と地域活性化のためのプロジェクトを行ってきました。直接的に地域に医学知識を投入し、共同研究や実証実験を行っています。

 

 

05 MBTの発展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年11月に、一般社団法人日本経済団体連合会(通称:経団連)の「地域協創アクションプログラム」10項目の一つに連携先として選ばれました。MBTコンソーシアムの活動が大きく広がると期待し、さらなる躍進を決意いたしております。各企業様におかれましては、MBTコンソーシアムの活動に参加いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ご寄付の使い道

 

■目標金額:200万円


■資金使途:2023年1月14日(土)に開催される第二回MBT映画祭の運営費用、その他諸経費。また、入賞作品の周知と上映活動の費用。それらの一部として使用いたします。

※本プロジェクトは、支援総額が期日までに目標金額に届かなかった場合でも、目標金額分を自己負担するなどして、必ず上記の実施内容の通り実行致します。

 

 

返礼(ギフト)の内容

 

 

1.「お礼のメッセージ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 奈良県立医科大学学長としょうとくた医師くんよりお礼カードを送付します。

 

 

2.「ホームページと映画祭のエンドロールにお名前を掲載」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 映画祭の授賞式の最後に「エンドロール」の形で支援者の皆さまのお名前を流します。

また、ホームページにも掲載させていただきます。文字サイズはご支援に合わせて変わります。

 

 

 3.「寄附金領収書」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 サポーターの皆さまが確定申告に使えます。

 

 

4.「観客賞投票権」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 映画祭当日に会場へお越しいただける方のみ限定。上映作品をご覧になって、その場で投票。授賞式で「観客賞」として高得票の作品を発表いたします。

 

 

 

今後も映画祭だけでなく、ホームページでの無料配信(希望クリエイターのみ)や全国での上映会など、より多くの方々に私たちの理念が届くよう、一年を通して活動いたして参ります。

どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願いします。

 


しょうとくた医師「よろしくおねがいしま〜す!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
注意事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・ 本プロジェクトはAll-in形式のため、目標金額の到達有無にかかわらず当該活動を行います。

・ このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、寄付をした時点で申し込みが確定し、その後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

・ 本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するギフトの条件詳細については、リンク先(
https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「支援契約」の中にある「●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

 

・ ご寄付確定後にアカウント情報を変更した場合でも、ご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されません(個別にご連絡いただかない限り、原則としてご寄付時に入力いただいた宛名と住所にリターンをお送りさせていただくことになります)のでご注意ください。

 

・ プロジェクト成立後、天災等やむを得ない事情(緊急事態宣言などコロナウイルスによる影響を含む)によりイベントが開催できなかった場合、ご寄付を難病克服キャンペーンにまつわる事業(webセミナー等)に絞って使用させていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税制上の優遇措置について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公立大学法人である当法人へのご寄付は寄付金控除の対象となり、税制上の優遇措置を受けられます。ご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入を認められております。

 

ご支援の確認が取れ次第、当法人から「寄附金領収書」を送付します。

※確定申告などの際に必要です。


◆個人の場合

寄附金領収書を添えて確定申告を行うことで所得税に関する優遇措置として「所得控除」が受けられます。

※一部の住民税についても優遇措置の対象となる場合があります。

 

◆法人の場合

「寄付金特別損金算入限度額」の枠が適用され、当該限度額の範囲で損金算入ができます。詳しくは自治体や所轄税務署、国税庁のウェブサイト等をご覧ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プロジェクトページ掲載に係る内容に関してのお問い合わせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本ページの記載内容に関してご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。

 

公立大学法人奈良県立医科大学 研究推進課 

 電話: (代表)0744-22-3051 内線2552 

 メール: sangaku@naramed-u.ac.jp

プロジェクト実行責任者:
細井裕司(公立大学法人奈良県立医科大学)
プロジェクト実施完了日:
2023年1月14日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

公立大学法人奈良県立医科大学が一般社団法人MBTコンソーシアムと共催する『第2回 難病克服支援MBT映画祭』の運営費、及び、入賞作品の周知活動の資金として活用させていただく。

プロフィール

ギフト

3,000+システム利用料


3000円のご寄付

3000円のご寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【普通サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


5000円のご寄付

5000円のご寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【少し大サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

7,000+システム利用料


7000円のご寄付

7000円のご寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【やや大サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


10000円のご寄付

10000円のご寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【大サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


30000円のご寄付

30000円のご寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【特大サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


50000円の寄付

50000円の寄付

◉お礼のお手紙
◉寄附金領収書
◉観客賞の投票権
◉映画祭のエンドロールとホームページにお名前掲載【最大サイズ】(希望者)
※投票権の投票用紙は数量・金額にかかわらずお一人様一枚までとなります。

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~ のトップ画像

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~

NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園

#医療・福祉

継続寄付
総計
49人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの寄付にすすむ
プロジェクトの相談をする