今日の作品は、4年前に鹿児島県出水市で出会った早朝を撮影したものです。

 

こんにちは。NPO法人海の森・山の森事務局の理事長・豊田直之です。
いよいよ正念場。募集期間も残すところ20日を切りました。

 

このプロジェクトには、多くの皆さまからご支援いただいて、
(6/12現在(残り17日) 今までの達成金額61万円 あと目標額100万円達成まで39万円)



 

もうひと踏ん張りの所まできました。まだもう少しおチカラが必要です。
ぜひご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします!

 

プロジェクト
子供たちに映像と音楽と朗読で、「水育」(水の大切さ)を伝える
https://readyfor.jp/projects/mizuiku


 

このプロジェクトは達成率100パーセントを超えなければ、話は白紙に戻されて成立しません。
「いいね!」、「シェア」でもかまいません。
どうか皆様のお力を貸して頂けませんか?

 

 

さて、たしかこのときは朝3時に起きて、鹿児島市内の宿を3時半に出発。途中いくつも山を超えていきましたが、予報は雨。どんよりと曇っていて、星ひとつ見えずとても撮影向きではありません。ところがちょうど峠を越えて出水市に入った頃。夜が明けてきました。奇跡的に太陽が差し始めました。天草の方角は雨。さらに大自然はドラマを見せてくれました。さっと太陽の光が入った瞬間、早朝の虹です。わずか1分足らずで消えてしまいましたが、なんかラッキーなことが起きそうな気がしたので不思議です。水がからむと、いろいろなことが起きるものです。

 

さて、6/6より6/18まで写真展を開催しています。

 

<豊田直之写真展 「新・かながわの水物語」>
神奈川県や横浜市の水源である相模川、丹沢、道志などの水源地の水を水中撮影することにより、その水のクオリティーを追求した作品展。A1 サイズの大判プリント 10 点を丹沢産の間伐杉材で作成した額とイーゼルに載せて展示。現場さながらのスケール感を醸し出します。また最新作、丹沢最奥の熊木ダムの驚異の 50メートル超え透明度の作品も展示します。

 

【実施概要】
日時:2014 年 6 月 6 日(金)〜6 月 18 日(水)9 時〜21時 (入場無料)
会場:〒231-0012 横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F さくらWORKS<関内>
※14日(土)、15日(日)は入場できません。
※イベントスペースで他の催しが開催されている場合は、見学できない場合があります。詳しい展示時間はお電話にてお問い合わせ下さい。
電話:045-664-9009
主催:NPO法人海の森・山の森事務局
共催:横浜コミュニティデザイン・ラボ


私たちの活動は、クオリティーの高い映像に音楽や読み聞かせを加えるといった方法で、子供たちに水の大切さについて楽しみながら考えてもらうプログラムを提案しています。次世代を担う子供たちと一緒に、本気でこの地球の未来を考えてみませんか? この私たちの住む地球が、いつまでも水の惑星(ほし)であり続けるために、私たちの活動をぜひご支援ください。みなさまのご支援お待ちしております。なにとぞよろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/mizuiku
 

新着情報一覧へ