「レンガの搬入」と「穴がまの窯出し」

こんばんは。

秋も深まってまいりました。紅葉はもう少しの様ですが・・・。

そしてレンガを運ぶ作業時は、天気にも恵まれ幸いでした。

群馬県からもレンガを運ぶお手伝いに来て下さったり、後援会の方が窯出しの手伝いに来て下さったり・・・と烏城焼は活気ある数日となりました!

 

【登り窯のプロジェクトのこと】

17日にセリレンガを皆で窯場の中まで運び(レンガ1個あたり約3キロちょっと)、そして18日に並レンガを窯場の中まで運びました。窯を作る作業よりも何よりも、このレンガを外から窯場の中に運ぶ作業が一番大変なのです。ユニック車で届いたレンガを運搬車に乗せ、それを窯の入り口から皆で手渡しして中まで運びます。

そして今日も一台並レンガが届きました。

レンガを下ろし、窯の中まで運ぶ作業を、何度もおこないます。

徐々に作業へと移れることがとてもありがたいです。レンガは軽いものではありませんが、この1つ1つを積み上げることで皆さまからのご支援が窯の完成に繋がると思うと、とてもうれしいです。

 

24日より本格的に窯を作ることができます。有難うございます!順調に進めそうです。これからも応援お願い致します。

後は雪が降る前に完成させるべく、時間との戦いとなりそうです。

 

【烏城焼の活動】

窯焚きをしていた穴がまからの窯出しが17日の午前中にありました。今回のコーヒーカップの返礼品を始め、来年の干支となる、いのししぐい吞みも出来上がりました。

この窯出しの作品は明日、明後日の「烏城焼 秋の陶器祭り」でも展示されます!

 

このような感じで最近は忙しく活動しております。

また、次回は窯を作っているところなどをお知らせさせてください!

私も、来週青森へ帰り、窯づくりをしたいと思います。

 

皆さま、朝晩冷え込みますので、どうぞ体調を崩されませんように、お過ごしください。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています