お早うございます。松竹大谷図書館の武藤祥子です。

 

第6弾のプロジェクトを始めてから早くも4日が経ちました。おかげ様で現在、49人の方からご支援をいただいており、スタッフ一同大変励みになっております!

 

今回の新着情報では、当館がこれまで行ってきた、第1弾より第5弾までのプロジェクトをご紹介いたします。いずれのプロジェクトにも、当館の思いや、ご支援くださった方々の温かいお気持ちが詰まっておりますので、是非ご覧ください!

 

 

歌舞伎や『寅さん』、日本文化の宝箱を守る。

 実施期間:平成24年9月3日~10月23日(50日間)

 目標金額:200万円(平成24年度の運営資金の一部として)

 達成金額:357万9千円/支援人数:272人

 

まだクラウドファンディングが現在のように身近でなかった6年前に初めて実行した、記念すべきプロジェクトです。目標金額を大きく上回るご支援をいただいて、無事成功しました。プロジェクトを通じて独自の所蔵資料や活動を広く紹介することもでき、当館にとって大きな一歩でした。

 

【第1弾】のシンボルとなった書架に並ぶ台本の写真

 

 

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

 募集期間:平成25年9月18日~11月6日(50日間)

 目標金額:250万円

      ・平成25年度の運営資金の一部として200万円

      ・雑誌『蒲田週報』デジタル化費用として50万円

 達成金額:291万円/支援人数:243人

 

第2弾では、運営費の募集と併せて、資料のデジタル化にも取り組みました。戦前の撮影所である「松竹キネマ蒲田撮影所」が発行していた機関紙『蒲田週報』の合本解体・修復とデジタル化費用を募集し、ご支援のおかげで、補修を行い、デジタル化をすることができました。現在『蒲田週報』は、画像を閲覧する形で活用されています(予約制)。

 

『蒲田週報』のデジタルスキャン作業

 

 

【第3弾】日本文化の宝・歌舞伎や映画の記憶を未来につなぐ。

 実施期間:平成26年9月9日~10月29日(50日間)

 目標金額:280万円

      ・平成26年度の運営資金の一部として200万円

      ・「芝居番付」5千枚のデジタル化費用として80万円

 達成金額:296万5千円/支援人数:263人(プロジェクトでの表記は246人)

 

第3弾では、「芝居番付」のデジタルアーカイブ化の費用について、運営費と共にご支援をお願いしました。当館が所蔵する、江戸末期から戦前までの約5千枚の「芝居番付」は、立命館大学アート・リサーチセンターでデジタル画像化され、現在、全目録データの入力が終了し、確認作業が終わった資料から、検索閲覧システムで公開されております。

 

【芝居番付検索閲覧システム】

芝居番付検索閲覧システムの画面

 

 

【第4弾】歌舞伎や映画、日本文化の歴史を後世に伝える。

 実施期間:平成27年9月8日~10月28日(50日間)

 目標金額:250 万円

      ・平成27年度の運営資金の一部として200万円

      ・「GHQ検閲歌舞伎台本」のデジタル化費用として50万円

 達成金額:287 万 8 千円/支援人数:238人(プロジェクトでの表記は231人)

 

戦後70年の節目にあたる2015年の第4弾では、運営費と併せて、経年劣化が激しい「GHQ検閲歌舞伎台本」のデジタル化費用を募集しました。第3弾に引き続き、立命館大学アート・リサーチセンターに簡易補修及びデジタル化をお願いし、検索閲覧システムを公開、著作権保護期間が終了した「GHQ検閲歌舞伎台本」の全頁の画像を閲覧できます。

 

【GHQ検閲台本検索閲覧システム】

GHQ検閲台本検索閲覧システムの画面

 

 

【第5弾】歌舞伎や映画、鮮やかな日本文化の遺産を守り復元する。

募集期間 平成28年9月6日(火)~10月26日(水)

目標金額 250万円

・平成28年度の運営資金の一部として180万円

・組上燈籠絵のデジタル化及び復刻版制作費用として 70万円

達成金額:278万円/支援人数:164人(プロジェクトでの表記は158人)

 

第5弾では、運営費と併せて「組上燈籠絵」のデジタル化及び復刻版制作費用を募集しました。現在、「組上燈籠絵」161枚のデジタル撮影が終了し、立命館大学アート・リサーチセンターで検索閲覧システムの構築を推進中です。復刻版は、厳選3作品『菅原伝授手習鑑 車引』『石橋』『一谷嫩軍記 組討』を制作、当館ほか、歌舞伎座や東京駅の「松竹歌舞伎屋本舗」、リブロ東銀座店などで販売しております。

 

【第5弾】で復刻した組上燈籠絵『組討』

 

以上、第1弾から第5弾までご紹介いたしました。

 

 

皆様のご支援のおかげで、5回にわたりプロジェクトを達成し、これまで事業を縮小することなく松竹大谷図書館の運営を続けることができましたことは、感謝に堪えません。

 

現在の第6弾も、引き続き、スタッフ一同頑張ってまいりますので、プロジェクトの応援を何卒よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ