READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ラオスの小さな村の図書館を、世界の絵本と出会える素敵な場に!

安井清子

安井清子

ラオスの小さな村の図書館を、世界の絵本と出会える素敵な場に!

支援総額

2,083,000

目標金額 1,530,000円

支援者
147人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

終了報告を読む


10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2019年10月24日 11:42

新たなプロジェクトに挑戦いたします。

ご無沙汰しております。

2016年に、この「ラオスの小さな村の図書館を、世界の絵本と出会える素敵な場に!」で、皆様にご支援いただきました安井清子です。その節には、ご支援いただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、ラオス・モン族の民話本の出版、配布、日本で購入した絵本にラオス語訳を貼り図書館に配布、図書棚の整備なども行うことができました。

 

 あれから3年、私は今も、ラオスで子ども図書館の活動をしておりますが、今回、新たな活動を始めたく、再び、クラウドファンディングに挑戦いたします。

「物語から夢を描く。ラオスの子どもたちにストーリーキャラバンを」というものです。「ストーリーキャラバン」・・・つまりお話をして回るグループを立ち上げ、図書館活動の一環として、子どもたちのところを訪ね、人形劇や本の読み聞かせなど、お話をして巡りたいという活動です。

 

 ラオスで、長く図書館に関わる活動をしておりますが、せっかく図書館や図書室ができても、本の読み聞かせをしたり、お話の楽しさを子どもたちに伝えてあげられる大人が少ないために、結局は、本が十分に活かされずに終わってしまう・・・というケースを何度も見てきています。子どもは、読書習慣がつくまでは、自分ではなかなか読めないものです。ところが、ラオスでは先生であっても、本を読んだことのない人が多いために、子どもたちに本を読み聞かせをしてあげられる人が少ないという現状があります。

 

 私自身、大学卒業後、最初に就職したのが、「おはなしきゃらばん」という教育財団でした。日本の子どもたちのところを巡回して、人形劇などでお話をする活動をしていましたが、私は、初めてその人形劇を見た時、子どもたちがお話の世界に夢中になって入り込んでいる姿に感動し、私も「子どもたちにお話を伝える仕事がしたい」と思ったのでした。それがこの仕事に入ったきっかけです。

 

 

 ラオスでも、子どもたちにもっと楽しくお話を届けたい!

 お話を伝える活動の大切さを伝えたい!

 子どもたちの本への興味を引き出したい!

 

 

 ちょうど今、ラオス人メンバーもそろい、未熟ながらも一緒に一歩を踏み出していこう!というところにきています。

 明日、10月25日、ページが公開となります。覗いて、読んでいただければ幸いです。

  https://readyfor.jp/projects/storycaravanlaos

 どうぞよろしくお願いいたします。             安井清子

 

  

 

  

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

309e684fe40fc961d18b6d5704339101dc89919f

サンクスレターをお送りします!

①サンクスレター
②活動報告書
③モン族の刺繍のハートストラップ

支援者
57人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

10,000

066df547bc70dd012f092db0e113a4f7c9870e9f

ラオスで出版する絵本にお名前を掲載します!

①サンクスレター
②活動報告書
③ラオスで出版する絵本へのお名前の掲載
④モンの刺繍のポーチ

支援者
76人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

30,000

9a73030e3dd3f70c013cbe34647fc74baac06922

モンの刺繍のポシェットをお送りします!

①サンクスレター
②活動報告書
③ラオスで出版する絵本
④ラオスで出版する絵本へのお名前の掲載
⑤「ラオス山の村に図書館ができた」(安井の著書)
⑥モンの刺繍のポシェット

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

100,000

モンの刺繍の大型バッグをお送りします!

①サンクスレター
②活動報告書
③ラオスで出版する絵本
④ラオスで出版する絵本へのお名前の掲載
⑤「ラオス山の村に図書館ができた」(安井の著書)
⑥モンの刺繍の大型バッグ

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

プロジェクトの相談をする