奇跡と軌跡 メッセージリレーNO.7

クラウドファンディング29日目、メッセージリレーNO.7は、当団体のエース2人がお届けいたします。

 

冒頭に、クラウドファンディングにてご支援・ご協力いただいている皆様、この投稿をご覧いただいている皆様に御礼申し上げます。

 

奇跡と軌跡

 

 皆さん初めまして、水野と申します。現在、魁結成以来初めてとなる記念公演開催に向けて、メンバー一丸となって日々努力を重ねております。私たちは夫婦でこの太鼓集団魁という団体に所属しております。そのようなこともあり、今回の投稿は二人のこの公演に対する思いを綴らせていただくことにしました。  私たちが結婚し、夫婦となるきっかけとなったのが和太鼓でした。この太鼓集団魁という団体に入会しなければ、まず間違いなくお互いを知ることなく、お互い別々の人生を歩んでいたことでしょう。そういう意味で、私たちにとってはまさに奇跡だったのです!そう、魁という場所が私たちを繋げてくれました。27年以上にも及ぶ当団体の軌跡の中には、多くの苦難もあったと聞いています。今まで大切に守り続けてくださったメンバーや、温かく見守り続けていただいている鬼北町や町民の皆様、支持者の皆様に感謝せずにはいられません。

 

 

太鼓との向き合い方

 

 日々の生活のことを少しお話させていただきます。毎週火曜日と金曜日が固定練習日となっており、20時~21時半まで年間を通じてトレーニングを行っています。しかし、私たち夫婦にとってはこの時間だけが練習というわけではありません。練習後に家に帰宅すると…、「カーン!」水野家ミーティングのゴングが鳴ります!「今日の練習どうだった?」「もっとああしたほうがいいよね?」「次の練習日はもっとこうしよう」次第に熱くなり、口論になることもしばしば…。しかし、それほどに魁のことが大切であり、自分達ももっともっと成長したいと考えているのです。和太鼓は、私たち夫婦にとって生活から切り離すことのできないかけがえのないものとなっています。  27年を越える活動を続けてきた当団体、悲願である記念公演開催に向けて、メンバー全員で団結し準備を進めております。このクラウドファンディングというプロジェクトを通じて多くの皆様に知っていただく事で、記念公演の成功と、魁を設立し守りつづけていただいている鬼北の町の活性化へ繋げることができれば幸いです。

 

 

 

 

魁の太鼓は心に響く太鼓

 

 公演に足を運んでくださる皆様と共に、心の底から楽しんでもらえる、興奮してもらえる太鼓を打つ。日々の練習とミーティングで培った夫婦の絆想いを乗せて、心に響く太鼓を公演でご披露できるように、努力を重ねて参ります。皆様に会場でお会いできることを楽しみにしております。クラウドファンディングの残り期間は少なくなりましたが、応援していただいている皆様のために、最後まで一生懸命走り続けます!ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。                           文:水野

 

 

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています