READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

「尊厳死」について考えるきっかけとなる映画を作りたい。

中川駿

中川駿

「尊厳死」について考えるきっかけとなる映画を作りたい。
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

264,000

目標金額 1,205,000円

支援者
22人
募集終了日
2014年10月28日
募集は終了しました
3お気に入り登録
3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録
3人がお気に入りしています
2014年08月22日 17:12

監督自己紹介

みなさんこんばんは。

 

本日は、本作品の監督/脚本を務めます私自身について、僭越ながら少々紹介をさせていただければと思います。

 

お手すきの際にでもご覧頂けると幸いです!

 

 

中川 駿(なかがわ しゅん)

1987年 石川県生まれ/東京都在住。

 

ニューシネマワークショップ 制作部所属。

イベント/映像ディレクターとして活動中。

 

2011年、映画学校 ニューシネマワークショップ クリエイターアドバンスコース脚本選出会にて選出され『親父んち』を監督。2013年、新宿K’sシネマで行われたニューシネマワークショップ主催の映画祭Movies High13にて『親父んち』上映。同年11月、『瘢痕』を自主制作で監督。

 

【過去監督作品】

『親父んち』(2012年製作/23分)※下部に予告編あり

『瘢痕』(2013年製作/11分)

 

『親父んち』予告編

 

普段は自身の作品の制作を行いつつ、

 

他の監督さんの現場に助監督や制作担当として参加しつつ、

 

イベントディレクターとしてイベントの現場指揮を行いつつ、

 

主にウェディング系の映像ディレクターとして撮影/編集を行っております。

 

 

まだまだ27歳の若輩者ではありますが、「尊厳死」をテーマにした本作品は、私にとってはもちろんのこと、今の日本社会においても『作る価値がある』作品であると確信しています。

 

映画制作者としての人生を掛けて、本作品を作り上げたいと本気で思っています!

 

みなさま、引き続きよろしくお願い致します!

尊厳死と安楽死の違い全容を知ることの必要性
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・お礼のメッセージ
・制作裏話が見られる限定ブログの発信
・映画公式サイトでのお名前掲載

支援者
6人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・お礼のメッセージ
・制作裏話が見られる限定ブログの発信
・映画公式サイトでのお名前掲載
・映画エンドロールでのお名前掲載
・本作品のDVDをプレゼント

支援者
12人
在庫数
制限なし

30,000

alt

・お礼のメッセージ
・制作裏話が見られる限定ブログの発信
・映画公式サイトでのお名前掲載
・映画エンドロールでのお名前掲載
・本作品のDVDをプレゼント
・出演者/スタッフも交えた関係者試写会にご招待
・出演者/スタッフとの記念撮影権

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000

alt

・お礼のメッセージ
・制作裏話が見られる限定ブログの発信
・映画公式サイトでのお名前掲載
・映画エンドロールでのお名前掲載
・本作品のDVDをプレゼント
・出演者/スタッフも交えた関係者試写会にご招待
・出演者/スタッフとの記念撮影権
・メインキャストらの写真およびサイン入り色紙
・本作品の撮影現場見学権(希望者のみ)
・本作品のエキストラ出演権(希望者のみ)
・本作品のメイキングDVDをプレゼント
・メイキング映像でのインタビュー出演権(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする