はじめまして、今日からプロジェクトをスタートさせていただきます、キッズドア、タダゼミプロジェクト担当の安池です。

今日は日本の教育の現状について詳しく説明させていただこうと思います。

国内のこどもの7人に1人が貧困!

2009年10月に厚生労働省より発表された数字では、日本のこどもの貧困率は14.2%。約7人に1人のこどもが貧困です。これはOECDの調査でも、日本は26ヵ国中10番目にこどもの貧困率が高い国となっています。
お金がないために大学に進学できない子どもがいるのはもちろん、けがや病気になっても病院に行かない子、修学旅行に参加できない子などが増えています。



教育にお金がかかりすぎる日本

日本では教育機関に対する公財政支出2.6%と、他のOECD加盟国に比べ低く、OECD 各国平均3.4%を大きく下回っています。29ヵ国中、トルコ、スロバキアについで3番目です。その結果、教育支出に対する私費負担の割合がOECD 加盟国中最高水準となり、特に家計負担の割合が高いのが日本の特徴です。



 

親の貧富が教育格差に!

お茶の水大学耳塚寛明教授の「子どもの学力と家庭所得の相関性」の調査結果より、親の年収がこどもの学力に相関していることが明らかです。また、年収の高い親のこどもほど家庭での勉強時間が長いという結果もでています。

 

この現状を打破するのが私たちの使命だと考えています。